« 第5週目 | トップページ | いつの年も18歳の子たちと。 »

2012年2月28日 (火)

近くにいたのに?

Coffee_cap 先日の日曜日、東京マラソンが行われた日に、私は東京の浅草にいた。ネットで出会い、その後数回お目にかかった画家、棚倉氏の個展を訪ねるためであった。

新橋で銀座線に乗るときにも東京マラソンの人だかりは見えたが、浅草に着くともっとすごかった。スカイツリーの影響もあるのだろうが、浅草を訪ねる人も多いのに、その上マラソンである。個展の会場となる喫茶室は駅から仲見世通りを横切って、公会堂の近く。人混みをかき分けつつも迷うこともなくたどり着いた。個展会場では、棚倉氏との会話を1時間半ほどゆっくり楽しむことができた。その後浅草を離れ、もう一つの別の用事で大崎に向かったのである。

と浅草や東京マラソン、個展の話をするのではない。

翌日Facebookで、日曜日に秋葉原の歩行者天国にダースベーダーが現れたとの記事を見た。http://www.cinematoday.jp/page/N0039760

私は、スターウオーズの大ファンであり、もうすぐ公開される3Dのファントムメナスも間違いなく見に行くであろう。そんな自分としては、浅草にいた時間頃に秋葉原にダースベーダーがいたという情報をつかんでいたら、間違いなく訪ねていたはずである。Photo

あーtwitterやFBの書き込みをこまめにチェックしてたら、情報を知って出向いて、ダースベーダーを見ることができたかもしれなかいのに~と言う思いである。

しかし、都内に住むネット上の知人に話すと、『そりゃ離れてるから、無理だよ』と簡単に書き込まれた。確かに浅草と秋葉原、近くはないが、三重県から訪ねた私にしてみれば、『近くにいたのに~』と言う思いなのである。

尺度以上に思いが募る距離感であった。


|

« 第5週目 | トップページ | いつの年も18歳の子たちと。 »

まったくの雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第5週目 | トップページ | いつの年も18歳の子たちと。 »