« 国の思う通りには・・・ | トップページ | 一人暮らしの認知症 »

2012年5月 2日 (水)

電子カルテ導入に追われて

Anichosinki しばらく、更新が滞ってしまった。別にGWだからと、休みにしていたわけではない。実は、4月末に、計画していた電子カルテが搬入され、いよいよ稼働に向けての準備に入り、日々診察室で、電子カルテ相手に格闘していたからである。

電子カルテ導入と言っても医療関係者でなければ、その意味は理解できないと思う。手書きのこれまで通りの紙カルテでも何も問題は無い。むしろ紙カルテだからこそ記載できたりすることや、モニターに向かわなくて良いなど利点も多い。それでも電子カルテにするにはわけがある。いずれ電子化が進む世の中。時代の波についていくと言った意味合いは大きい。

実は、私も導入に踏み切るまでには紆余曲折。当初は紙カルテの良い点ばかりを主張して、電子カルテに否定的なことを語っていた。特に、私のカルテ記載量は、かなりのもので、一度の診察で半ページほど書く。その間、体は患者さんの方を向いて書いており、決して机に向かうわけではない。だからこそ、電子カルテでモニターに向かう姿を想像して、その導入を躊躇し続けたのである。利点を十分にわかりながら・・・Medicom

今回導入して、現在慣れるための期間で、紙カルテと一緒に使っているが、元々パソコンキーボードでの入力も慣れており、診察の終了後や紙ベースとして入力する方法を考えて、今のところ問題はない。

と、全くの事務的なブログになってしまった。

次に電子カルテの話題に触れるときは、今回のような事務的なブログとならないことだけは、約束して、実際に感じた難点や失敗、それに伴った珍プレー好プレーを記事にしたいと思う。

|

« 国の思う通りには・・・ | トップページ | 一人暮らしの認知症 »

開業医療あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国の思う通りには・・・ | トップページ | 一人暮らしの認知症 »