« 復活!! | トップページ | 寝不足と塩分と今年の夏 »

2012年7月25日 (水)

物欲よりも生存欲

Coffee_cap 前回のブログに書いたことであるが、先週感染性腸炎で入院をした。飲水した水分がそのまま肛門から出ていくような下痢で、完全な脱水状態となり、点滴されていなかったら確実に脱水症から急性腎不全を生じていたであろう。

と、そう考えると、もし時が江戸時代であれば、江戸時代でなくても医療環境が整っていなかったら、間違いなく脱水から生じた腎不全にて私は死んでいたはずである。昔の人が人生50年と言ったが、私もそんな歳になっていたのである。医師であっても、これまで何度か病気になったことはある。しかしどれも寝ていたらいずれは治ったであろう疾患、状態だった。しかし今回は寝ていただけでは無理だった。そう考えたとき、改めて医療の恩恵を感じずにはいられない。

と同時に、もう一つ今回のことで感じたことがある。40度の発熱、脱水状態の中で、もうろうとしながら頭に浮かんだこと。それは『元気になって、もう一度普通の生活に戻りたい』であった。熱にうなされ、ぼやけた意識の中で、いつもなら当たり前のように行っている行為、友人や職員との何気ない会話、目的地に向かって運転している自分、朝のランニング時に見える近くの川や遠くの山々などが頭に浮かんでくる。とにかく普通の生活に戻りたいであった。2012725

重病や不治の病で通院や入院を余儀なくされている方の思いを、理解しているつもりであった。そしてそのお手伝いをすべく医療に励んでいるつもりであった。しかし何か欠けていたことに気づかさせられた思いである。

今日も、ソーシャルネットワークなどで元気な友人たちが、何処に行ったとか、何かを買ったとか、食事写真をアップしたり、あれが欲しいなどとつぶやいている。自分もそうであるが、健康に生き続けていくことのありがたさを忘れがちになる。物欲より生存欲をつい先週に抱くことが出来た自分。あの思いを忘れずに医療に励みたい。



|

« 復活!! | トップページ | 寝不足と塩分と今年の夏 »

まったくの雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 復活!! | トップページ | 寝不足と塩分と今年の夏 »