« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月に作成された記事

2015年10月21日 (水)

『みかん』が実る観葉植物

Anichosinki 昨夜、製薬メーカーの方々と飲みながら語り、研修医時代の思い出を語る機会があった。その時に、私の中でも少し忘れかけていた思い出があり、ここでもう一度語ってみたい。

現在の研修医制度とは異なり、当時は大学の教室に入局して研修を行うのが一般的だった。私は、三重大学第一内科に入局して、故竹澤教授の下、三重大学病院で研修をさせていただいた。研修医にとって、日々勉強であり、数多くの患者様を診て、多くの事例や処置などを経験しなくては一人前に育たない。ある意味貪欲に知識を求め、経験したあの頃は、若く活気にあふれた時代として、今となっては、とても眩しく、熱い記憶になっている。
そんな中で、研修医にとって、早く取得したい技術の一つがナートである。つまり針と糸を医療用の鉗子を巧みに使って傷口を縫合する技術である。内科医を目指す自分たちでも、外科的な処置は必要である。研修医が居たテーブルの上には、何度も糸をかけて結んだ紙や布きれなどが、必ずと言っていいほど置いてあった。201510214
ちょうどそんなときに、病棟のドクターステーションが殺風景だからという理由で、当時の病棟主任の命令で、テーブルに比較的大きな観葉植物が置かれた。しっかりとした幹から上方で緑の葉が周囲に伸びて広がっていた。秋頃までは、ただの観葉植物として部屋を飾っていたのだが、冬になり差し入れとしていただいた『みかん』がテーブルに置かれると、誰が始めたのか、観葉植物に『みかん』が縫い付けられ始めた。しかも研修医が競って、縫合部分が判らないように縫い付けるのである。多いときは、10数個の『みかん』が縫い付けられていた。糸も見えないように、如何に自然に縫い付けるか密かに競った記憶がある。
そんな『みかん』の実る観葉植物で忘れられないのは、教授回診が終わって、ドクターがステーションに集まったときのことである。故竹澤教授が、椅子に座るやいなや、観葉植物をみて『変わった木ですね!』とおっしゃられたのである。冗談で言われたのであろうが、縫い付けていた自分たちからすると、みかんが実っているように見えたのだと思い、少なからず喜んだのである。今思えば、研修医のそんないたずらを受け入れていただいた教授に感謝である。

| | コメント (1)

2015年10月15日 (木)

ポリシー

Anichosinki  ご高齢と言うには少し早いかもしれない男性が受診された。これまでに悪性疾患で手術をされ、心機能にも問題があり、体力的にも劣っていると考えられるため、10月をまわり、『インフルエンザのワクチンを打たれた方がいいですよ』と勧めると、『私は、インフルエンザなどのワクチンをしないのが、ポリシーでして・・・』と返された。様々な統計学的推察から、現在はインフルエンザワクチンの有用性は確立している。とは言え、接種するしないは、最終的には本人の意思である。

と、インフルエンザワクチンについて本日は触れるつもりではない。ポリシー(POLICY)について考えてみた。ポリシーをネットなどで調べると、政策、方針、手段なとあるのだが、熟慮とか賢明と言った意味もある。その意味では、『目的に対してよく考えた方針』というイメージになるのかもしれない。そう考えると、単に自分の考えを強がって主張するときに、『私のポリシーだ』と言う使い方は、少し間違っている気がする。
ちなみに、警察を意味するPOLICEと同語源だそうである。政略の上に動く組織と言ったイメージから類推しても、ポリシーと言う言葉は、確かに計画的に策略を展開して用いる言葉であるように思える。20151015
最近、自分の医院のホームページをリニューアルしたのだが、その院長挨拶の締めくくりに、ポリシーと言う言葉を使った。患者様に納得していただける医療を目指すことが、当医院のポリシーだ、とまとめた文章である。書いてネット上で公開すると、少なからず言葉の選択に責任を持つ。氾濫するネット情報の不適切な文面は、非常識な動画や写真のアップと同じくらい気になっているところであり、アップする立場になれば、その語句の持つニュアンスも気になってしまう。思わず、『それが俺のポリシーさ』と使ってしまいそうである。
ポリシーと言う言葉で思いつくまま書いてしまったが、何度も書いてきたように、このブログは診療の合間に、思いつくまままとめている。それがどんな目的のためであろうが、ポリシー、いや違う。このブログのやり方なのだ。

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »