« ポリシー | トップページ | 記憶が無くなること »

2015年10月21日 (水)

『みかん』が実る観葉植物

Anichosinki 昨夜、製薬メーカーの方々と飲みながら語り、研修医時代の思い出を語る機会があった。その時に、私の中でも少し忘れかけていた思い出があり、ここでもう一度語ってみたい。

現在の研修医制度とは異なり、当時は大学の教室に入局して研修を行うのが一般的だった。私は、三重大学第一内科に入局して、故竹澤教授の下、三重大学病院で研修をさせていただいた。研修医にとって、日々勉強であり、数多くの患者様を診て、多くの事例や処置などを経験しなくては一人前に育たない。ある意味貪欲に知識を求め、経験したあの頃は、若く活気にあふれた時代として、今となっては、とても眩しく、熱い記憶になっている。
そんな中で、研修医にとって、早く取得したい技術の一つがナートである。つまり針と糸を医療用の鉗子を巧みに使って傷口を縫合する技術である。内科医を目指す自分たちでも、外科的な処置は必要である。研修医が居たテーブルの上には、何度も糸をかけて結んだ紙や布きれなどが、必ずと言っていいほど置いてあった。201510214
ちょうどそんなときに、病棟のドクターステーションが殺風景だからという理由で、当時の病棟主任の命令で、テーブルに比較的大きな観葉植物が置かれた。しっかりとした幹から上方で緑の葉が周囲に伸びて広がっていた。秋頃までは、ただの観葉植物として部屋を飾っていたのだが、冬になり差し入れとしていただいた『みかん』がテーブルに置かれると、誰が始めたのか、観葉植物に『みかん』が縫い付けられ始めた。しかも研修医が競って、縫合部分が判らないように縫い付けるのである。多いときは、10数個の『みかん』が縫い付けられていた。糸も見えないように、如何に自然に縫い付けるか密かに競った記憶がある。
そんな『みかん』の実る観葉植物で忘れられないのは、教授回診が終わって、ドクターがステーションに集まったときのことである。故竹澤教授が、椅子に座るやいなや、観葉植物をみて『変わった木ですね!』とおっしゃられたのである。冗談で言われたのであろうが、縫い付けていた自分たちからすると、みかんが実っているように見えたのだと思い、少なからず喜んだのである。今思えば、研修医のそんないたずらを受け入れていただいた教授に感謝である。

|

« ポリシー | トップページ | 記憶が無くなること »

勤務医時代の思い出」カテゴリの記事

コメント

研修医時代のお話、とても感動しました。
先生方みなさん、日々 奮闘されていたのですね。

投稿: TOMOKO | 2018年5月12日 (土) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポリシー | トップページ | 記憶が無くなること »