« 初めての全身麻酔と麻酔の思い出 | トップページ | 健康の定義 »

2016年12月17日 (土)

主治医の前では患者になる医師

Coffee_cap 前回の記事で書いたように、声帯ポリープの手術を全身麻酔で受けた。患者として手術を受けたり、入院する経験は、患者を診る医師としてはとても大切だと思っている。その大切さは後述するとして、まずは、自分の事を書きたい。

『まな板の上の鯉』ではないが、私は整形的な3回の手術時も、痔瘻の手術時も、そして今回の手術時も、主治医に質問したことは一度もない。つまり医師である自分は、どうするのか?どんなリスクがあるのか?鑑別疾患として何があるのか?手術のさまざまな合併症になにがあるのか?などを知っているわけであり、心配すれば事細かく尋ねる知識を持っている。しかしそれを質問したら、主治医はより責任を感じ、萎縮するかもしれない。こんな時、私は絶対に『まな板の上の鯉』になるようにしている。全面的に先生を信用しているから、後は好きにして!!そう言った感じである。
私は外科医ではないが、それでも心臓カテーテル検査やペースメーカーの植え込み術など外科的な処置も多く行ってきた。そんなときに、一番気持ち良く手技や検査・処置が行えた患者様は、全面的に私を信じてくれた方である。『先生にお任せしますから、よろしく!』と言われると一番自分の技量が発揮できていた気がする。逆に事前に、あれやこれやと疑問や質問を投げかけ、更には不信感がにじんでいる人ほど緊張してしまい、自分の持てる力が十分に発揮しにくかった記憶がある。とは言ってもだから手を抜くとか、だから一所懸命にやると言う意味では無い。
不思議なもので、そうして全面的に信用してくれた人ほど順調で、心配された人ほど予期せぬことが起こりやすい様な気がしている。
つまり、医師である私ではあるが、医療を受けるときは、完全に患者になって主治医に任せている。それは医師である私が、患者様にそうして欲しいからそうするのだとも思う。201612191
で、あれば、絶対に医師は患者の立場を数多く経験すべきである。今回も入院中、何度もそう感じた。特に今回印象に残ったのは、手術の前日に手術室の看護師と麻酔科医がそれぞれ訪問してくれたことだ。向こうも私が医師であることは知っているので、話しにくかったかもしれないが、きちんと全身麻酔の説明やリスク、注意点など話してくれた。知ると逆に不安を抱く人もいるかもしれないが、最後に『十分な対応で最善を尽くしますので、当日は何も心配しないで手術を受けて下さい』と笑顔で言ってくれた。医師としてでは無く、1人の患者として凄く嬉しい一言であり、励まされる一言でもあった。
単に疾患や治療方針、想定されるリスクなどを説明するだけでなく、自分がそのことに精一杯取り組んで治療にあたっている言う、ある意味言い訳がましいと感じていた一言は、治療を受ける側としては言って欲しい一言であったのだと、痛感した今回の入院であった。
(写真は、術後帰室してから下肢静脈血栓症の予防がされていることに気づき、思わず臥位のまま両足を挙上して撮った写真)

|

« 初めての全身麻酔と麻酔の思い出 | トップページ | 健康の定義 »

まったくの雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初めての全身麻酔と麻酔の思い出 | トップページ | 健康の定義 »