« 2016年12月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月に作成された記事

2017年6月18日 (日)

水面に映る

Coffee_cap 今回は、医療とはまったく関係のない話になるかもしれない。と思いつつ書き始めた今回のブログ。

実は、これまでも紹介してきたが、ここ数年、在宅医療と認知症に力を入れている。必然的とも言える状況から、自分も中心となって動かなければ我が町の高齢医療が崩壊すると言った危機感も有り、医師会の理事に選出されたこともあって、この仕事に力を注いで、行政とタッグを組んで多くの施策にも力を入れている。
実際、認知症も在宅医療もアカデミックでスマート(表現が間違っているかもしれないが)な医療ではなく、多職種との連携や家人との関係構築も重要となり、手間暇ばかりが増える。医術を施し、医学知識に沿って加療すると言った医療では、いわゆる雑用は思いの外少ない。それだけに、多くの開業医が、認知症や在宅医療に一歩踏み出せない理由ともなっている。実際、認知症や在宅を親身になって行っていることが、多職種の間で知れ渡ると、前向きのケアマネさんなどは、私への受診を勧めるためなのか、認知症の患者様がこの数年で激増した。しかし、認知症の患者様が増えて喜ばしいことは何も無い。ただ時間と手間がかかる。別の言い方をすれば、その間一般の患者様の診療が中断してしまう。そのため土曜日の午前11時から13時半までの間を認知症優先外来として、予約診療を行うようにして一年近く経つ。
昨日の土曜日も予約の認知症の方が4名受診されたのだが、最後の方が一番進行していて、問題行動も多い。鏡に向かって自分に挨拶をしたり喜んだりけんか腰になり、鏡に手をあげることもある。そんな方を診終えて、診察を終了した。20176182
次の日の日曜日が午後から日直当番であったため、急に美しい光景の中安らぎたい気分になり、車を跳ばして京都に向かった。新名神が直結する我が亀山市から京都は1時間である。京都東インターを降りると、大原三千院に向かった。着いたのは16時。閉門の17時半まで、のんびりと庭園やあじさいを楽しんだのだが、水面に映る木々を眺めていて、そこに自分の姿、と言うより人の姿は映って欲しくないと思った。
京都の山奥の三千院。静寂の緑に包まれていると、ただその中に溶け込んだ存在になりたくなる。人の存在を感じたくない。水面に映る緑を見ていて、鏡に映る自分と対応する患者様のことを思い出していた。20176181
自分は、人の香りがするから、自然の中に立つ灯台の姿が好きなはずである。しかし人の中にいて、人の悲しさを感じる日には、自然に溶け込んでいたいと感じた。やはり少し疲れていたのかもしれない。

| | コメント (0)

2017年6月 7日 (水)

健康の定義

Coffee_cap  昨年末に声帯ポリープにて全身麻酔で手術を受けたことを、ブログでもまとめたが、先月から頸椎ヘルニアで、再びアクティビティーが下がっている。4月の末頃から、左の後頸部から左肩全体に、凝りのような痛みがあり、そのうちに・・・などと思っている間に、左手母指にしびれ感を感じたため整形外科の友人に診てもらい判明した。自分で作った牽引装置で頭部を日に何回か牽引して、消炎鎮痛剤など服用して改善傾向ではあるが、器質的な変化によるものであることはわかっている。症状は消えたとしても根治とはならない。

我々開業医が外来診療を行っている中で、年齢による変化での訴えは数知れない。腰痛、膝痛、肩が上がらない、食べ物が飲み込みにくい、皮膚が痒い、元気が出ないなど多彩だ。とりあえず、何らかの症状の改善が期待できるため、『病気』として診断名を付けたとしても、その原因が加齢であれば、根本的な治療は不可能である。例えば、老人性皮膚そう痒症は加齢による皮膚乾燥が原因の掻痒である。痒みはある程度抑えられるが、若いときの潤いあるお肌には戻れない。
グルコサミンやコンドロイチンなどよく聞く名前のサプリメント。不思議なもので、ある程度値段が高い方が売れるそうである。薬として効果があると考える気持ちは理解できる。しかし、若い時からそうならないように予防は可能であるが、加齢に伴って生じる器質的変
化を、逆行性に若返らせる手だては無い。
話は変わるが、皆さんは健康をどのように定義されているだろうか?

Body_neck_hone

大昔中学生の頃に、あるコメンテーターがラジオでこう言っていた。『自分の体を意識しないときが健康では無いだろうか?』確かに、昨年声帯ポリープが出来て発声がつらい時に、喉頭、声帯という部位を認識しつつづけた。そして今回頸椎ヘルニアで、頚部の脊椎の形状や変化(医師であるが故に、その形状や発症機序が理解できる)で頸椎を意識した。私自身、この言葉が脳裏に有り、更に医療経験が増すと共に、この言葉を健康の定義のひとつとして利用している。
年齢に伴う変化を完全に消し去ることは出来ない。しかし健康と感じる程度までに症状を抑えることは、医療に於いては重要である。対症療法と原因療法。症状だけをとる治療は、医学では、概して良しとはしないのであるが、少しでも症状を軽減させて、もう一度健康を意識できるのであれば、対症療法も重要だと感じずにはいられない。

| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年7月 »