« 伝えたいこと | トップページ

2018年9月12日 (水)

人と人との付き合い

Coffee_cap 先日、あまり嬉しくない話を聞いた。自分が所属している医師会事務所の方が、医院に立ち寄って、話してくれたのである。

『先生、最近患者さんと、何かトラブルあった?』と尋ねられて、全く思い当たる節のない自分は、「いや、特に何も・・・」と答えると、医院を受診した人から、診療拒否されたと電話が入ったというのである。ご存じのように、患者様は医師を選べるが、医師は患者様を選べない。受診すればどんな方でも親身に対応して診察する。診療拒否などあり得ないのであるが、それだけに思い当たる人が数日前に受診されたことを思い出した。
数日前に、初診でみえたその方は、これまでの経過と言っても、医学的ではなく単に自分がどうしていたかを語っただけで、以前からもらっている処方をしてほしいと訴えた。これまでかかっていた総合病院での別の科の診療が終了したのに伴い、他の医院で診てもらうように言われたとのことで(それ自体変な話で、普通は他科が終わっても、継続して診てくれるはずである)、既に別の医院受診したが、そこの医師の反応が気に入らなかったようで結局通院せず、新たに当院へ来たのである。
私は、いきさつはどうであれ、当方でこれから処方しましょう、という気持ちで診察を始めようと、問診(医学的な)を始めたのである。ところが、すぐに『ごちゃごちゃいらないから、薬出してほしいんだけど』と話され、こう続けた。『俺は、シンプルに薬だけほしいだけだから、ごちゃごちゃ細かいこという医師は合わんのや』Favorite_phote347
その言葉を聞いても、まだ素直に、私がこれから処方していくつもりでいた。ただどうしても、自分の考えは知っておいてほしいために説明を話し始めた。
「じゃあ、基本的には、私とは相性は良くないかもしれないね、私は十分な説明して納得してもらってから医療行うから・・・」その後、だから少なくとも説明は聞いてから処方させて、と言う内容を伝えるつもりだったが、その言葉を発する前に、突然『わかったわ!じゃあもうえーわ、そんな医者には診てもらわんでも』そう言って、さっと診察室を出て行った。
あまりに素早い行動に、『薬、無いんでしょ・・・』だけ背中に向かって伝えたが、戻ってくることはなかった。
確かに、私とは相性が良くないかも?は、他の説明をした後で言うべき言葉だったと反省しているが、少なくとも診療拒否ととられるような態度や口調ではなかったはずであり、むしろ突然出て行かれた行動に、その時は理由がわからなかったくらいである。
とは言え、診療拒否されたと医師会に電話するくらいであり、相当ご立腹だったのかもしれない。改めて、人と人との対応で成り立つ医療・診療。どれだけ親身に、素直に相手を考えて診療しても、意思疎通の手段が会話しかない以上、言葉一つ一つ注意しなければいけないと、改めて思った。

|

« 伝えたいこと | トップページ

開業医療あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伝えたいこと | トップページ