« 桜の開花とインフルエンザ | トップページ

2019年5月 1日 (水)

平成最後と令和最初の診察

Anichosinki昨日は平成31年4月30日、平成最後の日であった。TVが特別番組として平成をまとめ振り返り、そして天皇・皇后の歩んでこられた30年を報じていた。おそらく誰しもが一人の日本人として、心から感謝し、その労をねぎらったと思う。そして今日から令和である。

さて、GWが近づくまでの話題は、元号もあったが、庶民の関心の中心は10連休だった気がする。10連休と決まったときから、ずっと休む・・・など開業医では考えられなかった。片田舎のちっぽけな医院とは言え、かかりつけの患者様が、何かしら体調を崩すものである。勿論すべてに対応は無理ではあるが、だからと言って救急病院や当番医に全て任せてはおけない。かかりつけ医として、できる限り診療することが大切なのだと思っている。ということで、平成最後の日と令和最初の日、そして明日5月2日まで通常の診療をおこなうことにしている。

内心「患者様は少ないだろうな」と思っていた。が、平成最後の30日の午前中は、体調を崩された新患の方に加え、診察していると知っていたかかりつけの患者様も多数来院された。27日土曜日まで診療を行ったとは言え、28.29日と連休だったわけで、やはり少し体調を崩したという方が多く、中には遠方から診療していた当院を探して受診されている。

毎年、看護学校の講義でGW前に話す、昔の思い出話がある。医師となって5年目に、初めて5月3.4.5日の三日間、当直も待機番も当たらず、まだ幼かった子供たちと一緒に・・・などと考えて信州のペンションを予約した。ところが、29日の当直で入院した若いアルコール性肝硬変から食道静脈瘤が破裂して入院した患者様、単に状態が悪いというのではなく、アルコール禁断症状も現れ、かなり対応が大変だった。それでも3.4.5日の当直医に頼もうと思っていたのだが、その前にどの先生からも『この患者さんは、よう診ないわ!当然残るんだろう!』と言われた。三日間 とも自分より目上の先生である。結局出発前日の2日にペンションにキャンセルの電話をしたのだ。当然向こう様も収入が落ちて困ることは理解できる。とは言え、宿泊もしていないのに全額キャンセル料として取られたのには涙が出た。親子4人で二泊三日の宿泊費、しかもGW期間 であり・・・想像つくと思う。Favorite-phote454

と言うこともあり、世間が休みである連休にはなるべく休みを取らないと言う考えが私に定着したのだが、いつの間にか、患者様の利便性を考えて、世間が連休の時こそかかりつけ医は診療を行うべきだと考えるように、結果は同じでも変わってきた。勿論、日曜祭日にはお休みもいただくし、お盆期間をずらして夏期休診もいただいており、『休まない』を肯定しているのではない。職員をリフレッシュさせることも大切で職員旅行なども企画しており、『休み』を決して否定はしていない。ただ、10連休などと国民の1/3しか取れない休みが、本当に必要だったのか?と、深く上皇に感謝するとともに労をねぎらい、そして新たな天皇への期待などとは別に、ささやかな疑問を抱いて診療している。

|

« 桜の開花とインフルエンザ | トップページ

開業医療あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜の開花とインフルエンザ | トップページ