・本文記事:有 ・灯台までのルート:椿泊の町並みは道が細く、大型車の進入は難しい。民家の終わりから埼の先端まで徒歩であるが近い。 ・灯台の整備状況:人が来ることを想定していないので、足場も不安定で危険。 ・ひとこと:阿波水軍を連想させるこの周囲の入り江を体感できる