« ボス猿との決闘!? | トップページ | 滝埼灯台(石川県) »

2006年5月15日 (月)

博奕岬灯台(京都府)

Botantoudai_13 灯台。その設置場所は公の場所が多いと思っているが、時に私有地だったり、私有地と限りなく接していたりする。発電所の敷地内にあることも多い。金網で進入を拒んでいる所も多いが、行ってみるまで立ち入り禁止区域なのかどうかもわからず、近くまで行けば、やはり灯台までたどり着きたい。今回紹介する博奕岬(ばくちみさき)は、その意味では不法侵入を侵して訪れました。実は、その時アクシデントもあり、痛い目をしたから、不法侵入は許していただけると信じて紹介させていただきます。

2005年の秋に訪れました。地図に従い順調に博奕岬の海岸までたどり着いたのですが、岬をそのまま車で上れる様な道があるものの、頑強な柵で進入が拒まれていました。車を停めて近づくと、「自衛隊所有地につき進入禁止」とあります。しかしここまで来て帰るわけにはいきません。柵は道路にのみ築かれ、周囲の林は何もないため、ならば・・と林の中から岬の頂上目指して登り始めました。最初はなだらかな斜面も徐々に急になり、木々や岩を必死の思いでつかまり登っていきました。02_3 かなり登り、登り切ったような所で道路に出ました。と言っても数メートル下なのですが、ここからなら灯台も近いと感じ、その道路に出るため、崖を下ることにしました。近くの木の枝を持って体を下の岩に降ろそうとした瞬間、枝が折れて完全に無防備の状態で右肩から下方に転落・・・。幸い、2メートルくらい下にあった木に肩をぶつけて転落を免れました。この木より下は4メートルほど岩の崖が続いており、本当にこの木のおかげで助かりました。肩の痛みはあるものの大事には至らず、気を取り直して、その後道路を少し歩くと、灯台が見えてきました。(写真右、この写真は灯台の後ろ側、つまり登ってきたときに見える姿です)

博奕(バクチ)岬の灯台、名前通り、大きな賭をして灯台にはたどり着いたものの、一つ間違えれば怪我で済まなかったかも知れず、今後注意しなければ・・と反省でした。帰りは、結局自衛隊所有の道を歩いて下まで降りたのですが、かなり長時間かかり、如何に真っ直ぐに急な斜面を登ってきたのかがよくわかりました。

03_2 左の写真は、灯台の海側奧から撮ったものです。この近くに航空機用の設備があるようでしたが、見つからないうちにさっさと下山したので詳細はわかりませんが・・・。不法侵入は大目に見ていただけることを願っています。

|

« ボス猿との決闘!? | トップページ | 滝埼灯台(石川県) »

コメント

博奕岬灯台を制覇されましたか~。
私も行ってみたいのですが・・・山陰~北陸方面を攻めた時に目指してみます。
これは随分苦労されているみたいですね~。私の苗我島灯台、古和浦灯台、岩井埼矢摺島照射灯なんかこんな状態でした~。
博奕岬灯台は海岸から登れるそうなんですけど・・・見つけられるのかな~。

投稿: 玉助 | 2006年5月15日 (月) 22時33分

ご無沙汰しています。海沿いドライブのすすめ!! の管理人の仙波です。

最近、海沿い動画を公開し始めました。意外とその中でも灯台が映って
いますので、よかったら覗きに来てください。
さしあたり、リンク先から下記番号を検索すると出てきます。

[V0004]、[V0035]、[V0039]、[V0057]、[V0058]、[V0061]、
[V0063]、[V0064]
「000813国道9号全 線走行車窓動画」
「000428北海道一周走行車窓 動画」
「990914千葉県一周走行車窓 動画」

ちなみに博奕岬は[V0018]です。

また寄らせて頂きます。

投稿: 仙波 | 2008年8月 8日 (金) 19時05分

仙波さん コメントありがとうございます。
早速ビデオ見させていただきました。
閉鎖された道路など懐かしかったです。
ちょうど、車をUターンさせた場所から山に入って
登りました。

投稿: ヒデ先生 | 2008年8月 9日 (土) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175866/10081199

この記事へのトラックバック一覧です: 博奕岬灯台(京都府):

« ボス猿との決闘!? | トップページ | 滝埼灯台(石川県) »