« 越前灯台(福井県) | トップページ | 日御埼灯台(島根県) »

2006年5月29日 (月)

車で来たのですが・・・

Botanomake_2 私の灯台巡りは、その移動はほとんど自家用車である。今後遠方を訪ねるときには、他の手段も必要となるだろうが、それでもレンタカーなどを利用するものと思っている。車での思い出話はたくさんあるが、2005年の夏に山陰地方を車で訪れたときの笑い話を紹介します。

山陰を3日かけての行程で、最初の宿泊地である浜坂に近づいた。頼んでおいた民宿の位置がはっきりしないので、電話をすると「どうやって、来られますか?」の問いに「車です」と答え、民宿までの道を教えてもらった。迷わずにその通り行くと、民家が両側に建ち並ぶ細い道に、その民宿はあった。駐車場を尋ねなければ・・と思い、脇に寄せて中に入った。おかみと思われる、先ほど電話に出てくれた女性が応対してくれた。Photo_7「先ほど電話した者ですが、駐車場は何処でしょうか?」と尋ねると、「あっ!お車でいらしたのですか~!」と答えてから駐車場を教えてくれた。民宿の裏側に駐車場はあり近かった。しかし確かに電話で、「車で」と答えたつもりなのに・・と考えながら部屋へ案内された。

近くのヘルスセンターのような大浴場で汗も流し、美味しく夕食もいただき、早々に休んだ。翌朝4時半に起きて浜坂港を見下ろす岬の灯台まで車で出かけた。朝日に映える灯台を満喫して7時頃に再び民宿に戻った。戻ると「早くからどちらへ行ってきたんです?」の問いに灯台へ行っていたことを伝えた。すると「えっ!あんな遠いところまでどうやって?」と尋ねられた。質問の意味を少し考えてしまったが、やはり「車です」と答えるしかなかった。

朝食後8時15分頃には、余部灯台など香住に向かって移動するため発つことにした。玄関口まで見送りに出てくれたその女性は、「気をつけて。駅まで歩いて10分くらいですから・・」と言葉をかけてくれた。「車です」と一応訂正はしてみたが、もうどうでも良かった。

Photo_6よほど車で来る客は少ないのだろう・・・などと考えつつ、自然に笑顔になる自分を感じながら余部を目指して運転した。(写真右上は浜坂港を見下ろす、写真左下は余部灯台からの景色)

|

« 越前灯台(福井県) | トップページ | 日御埼灯台(島根県) »

コメント

思わず、あるある!と納得してしまいました。
地元の人でも灯台なんて興味ないものなんだって感じです。
今週末は御座方面の灯台を巡る予定です(一体何度目でしょう・・・)

それにしてもヒデ先生!旅行本デビューですかぁ^^
載った時には教えて下さいね。絶対に購入します。

投稿: 玉助 | 2006年5月29日 (月) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 越前灯台(福井県) | トップページ | 日御埼灯台(島根県) »