« 場違い(写真掲載) | トップページ | ホームページ立ち上げました »

2006年6月26日 (月)

浜坂灯台(兵庫県)

Botantoudai_23 2005年夏に行った兵庫県日本海側の灯台巡りは、それほど天候には恵まれなかった。豪雨などはなかったが、曇天や雨の日もあり、なかなかお気に入りの写真は撮れなかった思い出がある。そんな中で、夏らしい青空に恵まれたのが、浜坂での早朝であった。とは言え、その日もその後は雲に覆われたのであるが、今回紹介する浜坂の灯台を訪ねたときは、朝の光の中青空に浮かぶ灯台は印象に残った。また浜坂の町自体は、なぜか懐かしいと言う言葉が当てはまる町であった。おまけの記事で書いた、民宿の女将との会話や、夜の駅前コンビニ(と言うか雑貨屋)での買い物など、思い出深い。

前日に浜坂灯台の立つ岬の付け根に当たる方の城山(その昔砲台があった)から訪れるHamasaka02 つもりだったが、道を間違えたらしく、岬先端の灯台にはたどり着けなかったので、日の出と共に岬の横側からアプローチした。歩道も整備されているが、草が覆っており、地元の人がよく訪れていると言った感じではない。しかし、灯台の周囲にはベンチやテーブルが作られており、歩道のコースの終着点と言った感じだった。

灯台に着いたときは、まだ6時台であったが、空の色は既に昼の青空に変わっていた。しかし陽が当たると、まだ少し朝焼けが残っており、白い灯台は、ほんのりと橙色に染まって見えた。前日雨天の中訪ねていたら、おそらく異なった印象を残したに違いない。(写真左は岬先端側から見た灯台、写真右下は、岬の歩道から日本海を背景に見た写真)

民宿での朝食を7時半としていたので、7時には灯台を後にした。しかし離れた場所から灯台の姿を見てみたくて、海を挟んで浜坂港の反対側まで車を走らせ、Hamasaka01 灯台を振り返ってみた。白い建物がそこにあることはわかるが、灯台を連想させる姿ではなかった。前日雨のため近くまで行けなかった浜坂港の西の入り江にある諸寄港の諸寄灯台も、遠方からその姿を収めただけで終わってしまったが、やはり近くまで行くべきだったと少し後悔しつつ、民宿に戻った。

|

« 場違い(写真掲載) | トップページ | ホームページ立ち上げました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 場違い(写真掲載) | トップページ | ホームページ立ち上げました »