« 稲取岬灯台(静岡県) | トップページ | 掛塚灯台(静岡県) »

2006年7月28日 (金)

安宅灯台(石川県)

Botantoudai_26 安宅灯台を訪れたのは、2005年のゴールデンウイーク過ぎのことである。この年NHKの大河ドラマで義経を放映しており、この地のことを考えながら車を走らせた記憶がある。若い頃に比べると、日本史に多少とも興味が深まり、史実に関連した場所を訪ねると、その時代の背景や関連した人物を知りたくなる。同時にそうして歴史に目を向けると、人と人との糾いを興味深く感じてしまう。年を経た証拠なのかも・・

北陸自動車道で小松まで移動して、安宅の関を目指して進むと、Ataka1灯台はすぐ近くに見つかる。小松というと、松井秀喜選手の出身地であることは知っていたが、途中記念野球館の看板も目にした。 この日は快晴で海の色も空の色も碧く、安宅灯台は海岸線に建っており、自分のお気に入りである海を背景にしての写真が撮れた。この頃、木々に囲まれた岬などの灯台を多く訪ねており、海岸線に建つ灯台を訪ねたのは久しぶりで、車でそのままたどり着くことに違和感を感じながらも、先に書いたように、歴史に想いをはせつつ灯台周囲を散策したり、海岸線を歩いたりした。

Ataka3残念なことは、海岸線のゴミである。砂浜からの灯台をカメラで狙ったが、砂浜のゴミの多さに少し驚いてしまった。後からTVの特集で知ったのであるが、多くは中国、韓国、北朝 鮮からの漂着物だそうだ。

歴史を考えつつ訪れた日本海沿岸の灯台。歴史にまつわる人の糾いにも想いが及んだが、現実の世界でも、日本と近隣諸国を通して人との糾いを感じずにはいられなかった。

|

« 稲取岬灯台(静岡県) | トップページ | 掛塚灯台(静岡県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 稲取岬灯台(静岡県) | トップページ | 掛塚灯台(静岡県) »