« 江崎灯台(兵庫・淡路島) | トップページ | 孫崎灯台(徳島県) »

2006年8月27日 (日)

猫崎灯台(兵庫県)

Botantoudai_31 灯台に限らず、その地名やその場所を示す名称の由来に興味を持つことがある。観音崎とあれば、きっと観音様にまつわる由来のある名称だろうと推測するし、常神岬とあると、常に神様に見守られている?・・などと考え、Nekosaki02地方に伝わる神話などを聞いてみたくなる。その答えを確認できないことの方が多いが、この猫崎灯台は、確認こそ出来なかったがその地形から付いたものだと信じて木々の間を進んだ記憶がある。

Nekosakisankou5 2005年の夏に訪ねた。竹野浜の西に突き出た細長い約1kmの半島が猫崎である。(写真左上)崎の付け根周囲には史跡や県の天然記念物に指定された波食鷗穴群などがあるが、その先は木々が茂った岬の森となっていて、草木に覆われた中を先端目指して進んだ。まず木々の中、緩やかな登りが続き、次いで下って行く。登った分くらい下ると、木々はなくなり、そこは幅2mほどの草が茂った場所で、両端は崖となり海に下っている。明らかに窪んだ部分だ。次いで木々の中急な登りとなり、その後急な下りを過ぎると突然視界が広がり日本海が広がる崎の先端に出る。そこから直角に降り(階段が付いている)た岩場の狭いスペースに灯台は立っている。(写真右上、下)

Nekosakisankou2帰りに、くぼみの部分から崎の先端、そして陸側に目をやると、いかにも猫の背中の部分と頭の部分の丸みに似て見えた。そのことから勝手に猫崎と呼ばれているのだと信じて再び草木を払いながら進んだ。 Nekosaki07 (写真左下)

車で立ち去るとき、もう一度振り返って猫崎の全景を見てみた。その名の由来を勝手に確信していたが、崎の先端に立つ灯台の姿は陸側からは見ることは出来ない。ただ訪ねただけであったが、不思議と満足した達成感の中で、車を進めた記憶がある。

|

« 江崎灯台(兵庫・淡路島) | トップページ | 孫崎灯台(徳島県) »

コメント

管理人さま、初めまして。

玉助さんより、“猫埼灯台” を制覇されているとお聞きし、
飛んで来ました。

山谷氏のサイトで、紺碧の空に真っ白な “猫埼灯台” を見て以来、
訪れたいと思っていた2004年の10月、チャレンジしました。

自身の 「灯台巡り」 の中でも、“最強” に位置した道のり・・・
命を救ってくれた棒っこは、持ち帰り家に置いてます。

投稿: らいとはうす | 2006年10月14日 (土) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 江崎灯台(兵庫・淡路島) | トップページ | 孫崎灯台(徳島県) »