« 孫崎灯台(徳島県) | トップページ | 新しい興味(夜の加佐岬を訪ねて) »

2006年9月14日 (木)

麦埼灯台(三重県)

Botantoudai_34 以前書いたが、私が住む三重県の灯台を目指すとなると、近いからこそ条件を整え、お気に入りの一枚を撮りたくなる。2006年の長かった梅雨が明けて久しぶりの晴天となった日曜の朝に、夏の朝日を狙って安乗灯台か、大王埼灯台を目指すつもりであったが、少し遅れて日の出の時間を逃したため、ここ麦埼灯台を訪ねることにした。Mugisaki6

麦埼灯台は、向かう途中の道からその姿が見えるが、主道路から離れ、更に民家の間を通る必要がある。慣れた人なら良いが、道はかなり狭い。この日は少し離れたところに車を停めて徒歩で向かった。灯台に着くと、年輩の方数名が片付けをされている。私はてっきり灯台周囲の清掃をされているのかと思ったが、実は前日からここでキャンプされており、引き上げの片付けをされていたのだった。その人たちが去って行くのを待ってからゆっくりと灯台の撮影を始めMugisaki1 た。それまでの間、周囲をゆっくりと散策したが、ここ麦先に伝わる海女の伝説を紹介した看板もあり、海女を描いた看板も先の先端部に立てらMugisaki5れていた。またここ麦埼沖は航行にも危険な場所であることも看板に紹介されていた。左の写真は、海岸線まで降りて撮影したものであるが、岩礁が多く、浸食の激しい埼であると言う説明に納得できた。

右下の写真は大王埼方面の海であるが、まだ少し朝焼けが残り右半分は青空になっていた。もう少し早くに出ていれば、この日、麦埼には来なかったんだと思いつつシャッターを切った。

|

« 孫崎灯台(徳島県) | トップページ | 新しい興味(夜の加佐岬を訪ねて) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 孫崎灯台(徳島県) | トップページ | 新しい興味(夜の加佐岬を訪ねて) »