« 九木港沓埼灯台(三重県) | トップページ | 灯台と神社 »

2007年1月22日 (月)

大磯埼灯台(徳島県)

Botantoudai_42 鳴門大橋を渡って鳴門市内を少し南東に向かうと妙見山がある岡崎と言う地を通る。東海地方に住む者にとって岡崎という名は馴染みやすい。その先の岬周辺を里浦と言うらしいが、ここに大磯埼灯台がある。2006年夏に訪ねた。

鳴門側から埼に近づいたが、サイクリング道となっており、車が入れない。堤防近くに車を停めてOoisosaki01自転車を組み立てて、埼の先端に向かって進んだ。しばらく行くと、休憩所みたいな場所があり、そこに一人の年輩の男性が居たため、灯台について尋ねた。歩道は埼の先端は通らず、手前で対岸に出るから、途中で埼の先端向かって山に入る必要があるとのこと。情報を得て進んだが、結局山には入る場所がわからず埼の反対側まで出てしまった。とそこから灯台の姿が見える。自転車を降りて、砂浜や岩場となった海岸線を灯台の近くまで歩いた。(写真右はそこから見た灯台)

Ooisosaki04海岸線からでも登れない場所ではないが危険そうである。仕方なく、できる限り灯台に近づいて写真を撮った。淡路島から移動してここに着いたが、ずっと晴れてはいるものの奇妙な雲が多く、この時間帯は青空というより曇り空に近い感じの空となっていた。

鳴門に近い海岸線が観光地らしいと言えるのに対して、徳島に近づくこの地は観光地という感じではない。また徐々に増えてきた雲のためか、どことなく寂しい印象を持った。

この後徳島を通り抜けて阿南市に入ったのだが、鳴門周辺から徳島までとそれより西では町や景観から受ける印象が大きく違ったことを記憶している。。

 

|

« 九木港沓埼灯台(三重県) | トップページ | 灯台と神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 九木港沓埼灯台(三重県) | トップページ | 灯台と神社 »