« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月27日 (火)

阿瀬比ノ鼻灯台(徳島県)

Botantoudai_45 灯台巡りでは、地元の人と接することが度々あり、それが一つ の思い出ともなっている。私のように灯台の知識も持たずに訪れると、場所や道に迷ったりすることが多く、そう言ったときは地元の人に尋ねるからである。Asehinohana5_1ここ阿瀬比ノ鼻灯台を訪ねたときもそうであったが、いつもと違って、あまり印象の良い物ではなかった。

室戸・阿南海岸国定公園でもある阿瀬比ノ鼻へは、日和佐港側からアプローチした。いくつかの山が東側に連なっておりその一つの山の上に小さく白い建物が見える。おそらく灯台であろうが、どう行けば良いのか見当も付かない。そこで道沿いで魚網の手入れをしている男性に声をかけた。すると、行けないことはないが・・と怪訝そうな目で見られてしまった。是非行きたいので、と答えると、ぶつぶつとなにやら独り言のような声の後に、神社の裏から道があるが、本当に行くのか・・と念を押されてしまった。悪気はなかったのだろうが、よそ者の自分をかなり警戒していたようだ。

Asehinohana4早速神社の境内を通り、山に続く細い道を登り始めた。といきなり足元が動く。な、なんと蛇が私の踏み出そうとする足の下に居るのである。飛び退いて避けて登ったが、何とも出だしからハプニングである。登っていくと、右手に時々国定公園の岸壁や海が見える。やや後方南西方面には千羽海崖も見え、素晴らしい景観である。Asehinohana3

およそ30分ほどの登山で灯台に着いた。道は滑りやすい箇所もあったが十分整備されており、『本当に行くのか?』と尋ねられるほど危険な場所はなかった。(写真左上は登ってきた道、ここからまだ山頂に向けて道が続いている)灯台周囲は少し平らな広場になっており、その一角に灯台が建っているが、夏のことで草木が覆い茂っており、残念ながら海は見えない。(写真右下) 

Abisenohanahiwasakou05

阿瀬比ノ鼻灯台は、四国東岸では、重要な大型灯台である。昭和41年まで職員が常駐していたとのことで、周囲の平地にそう言った施設もあったのであろう。水面高166.2メートルの灯台であり、その照射灯から見渡すこの周囲の景観はおそらく雄大な景色に違いない。草木が邪魔をして、まるで平地に建っているかのような灯台に見えるが、夏の猛暑の中、汗水流して登ってきた私は、そびえる灯台を見上げながら、見ることのできない景色を思い描いてしばらく過ごしていた。(写真左下)

| | コメント (0)

2007年2月13日 (火)

手結埼灯台(高知県)

Botantoudai_44 以前の記事で紹介したが、家内の実家が高知県であり、何か用があればその機会を利用して四国の灯台を訪ねようと以前より考えていた。今回2月の連休にその機会を得て、一日限りであったが高知県の室戸岬方面の灯台を巡ることができた。Temusubisaki1今回は、室戸岬灯台などを巡った後で訪ねた手結埼灯台を紹介する。

室戸から高知市に向かい55号線(土佐街道)を進むと安芸市を過ぎ、およそ2時間ほどで香南市に入る。夜須町で55号線から左折して、より海側の道に入ると手結埼がある。この日暖冬に加えて天気が良かったせいもあるだろうが、この周囲の雰囲気はリゾート地と言った感じだった。その先端に灯台が立っている。すぐ近くに景観を楽しむための駐車場があり、そこに車を停めて灯台に向かった。灯台の入り口は2月1日の記事にも書いたが、鳥居があり境内となっていた。(写真左上)Temusubisaki3

灯台の横を抜けて両側が崖の道を少し進むと、岩崖の上にでる。思わず足がすくんでしまう高さだが、しめ縄が渡されている岩があるのに気がついた。地元三重の二見の夫婦岩を思い出したのだが、神聖な場所であることを悟り、すぐに引き返した。Temusubisaki2_1

灯台は、ローソクの様な形(写真右上)であるが、4カ所に羽のような物があり、まるで発射台に設置されたロケットのようにも見えた。私のお気に入りの海を背景に灯台が立つ写真はなかなか良いアングルが取れない。 それでもまずは 室戸方面を向いて撮った(写真右下)。カメラを構えた自分の左横は20mほどの断崖で真下は海である。風が強いため、足場を何度も確認してこわごわ撮影した。次いでTemusubisaki4 足摺方面(高知方面)を向いて、海を背景に撮った。(写真左下)

手結埼灯台・・・実は『てむすび』と読んでいたら、家内から『てい』と読むんじゃないと言われた。手結埼灯台。未だ正確な読み方を調べていないが、その由来も是非知りたいと感じている。

| | コメント (0)

2007年2月 6日 (火)

香住港灯台(兵庫県)

Botantoudai_43 先にお断りしないといけないが、実は香住港灯台へは訪れていない。もちろんその姿は確認したのだが、いずれ訪ねる機会があればその時改めて記事を書くつもりであった。Kasumimapしかし私の住む中部エリアの人で 兵庫県の日本海側を知る人は少ない。確かに直線的には近いのだが、中部地方から訪ねるのに交通手段は複雑である。今回取り上げることに決めたのは、香住を何らかの形で紹介したい気持ちに加えて、私個人香住と言う町が好きだからである。

Kasumikou2_1 餘部灯台などを訪ねた後、午後2時くらいに、ここ香住の街に入った。地図(右上)を参照していただきたいが、香住の砂浜海岸を取り囲むような形の湾である。新鮮な魚貝、カニなど有名で、夏には海水浴や花火大会を楽しむ人でも賑わう。大きな旅館は少なく民宿が中心の宿泊施設が広がるこの町は、私の心の中に持つ海の町そのものだった。

町の北東に香住港灯台を確認した(左写真:丘の上に立つのが香住港灯台)のだが、その前に日本海でひと泳ぎしたくなり、灯台は夕焼け時に訪ねるのが良いと自分に言い聞かせた。香住から海岸線を西に行くと入り江に囲まれた小さな海水浴場がある。プライベートビーチのようなこの場所が気に入り、ひと泳ぎした後で、しばらく音楽を聴きながら砂浜で読書を楽しむことにした。一時間ほど経っただろうか、少し空が暗くなってきたことには気がついていたのだが、突然雷鳴が響いた。浜には数名しかいなかったが一斉に車に向かう。私もあわてて車に向かったが、既にその途中から大粒の雨が髪に当たるのを感じていた。車に乗り込んだときには、外は暗くなり、雨が激しさを増し、すぐ近くの稲光も見えた。しかし私は、夏の風物詩と感じ、雷雨で色濃く変わっていく砂浜の情景を楽しんでいた。

Kasumikou1_4しかしこれが間違いだった。雨はその後いっこうに上がらない。それどころか雲に覆われて暗かっただけの空は、徐々に本格的な夜の闇に飲まれつつある。結局香住港灯台の姿を望遠レンズでは納めたが、直接訪ねることはできなかった。(写真右下:木々の間に小さく見えるのが灯台)更にその夜、夕食後に自宅から急用の連絡が届き、翌早朝に自宅に向かって車を進めることとなった。

その夜、雨があがった海岸線を散歩しているときに見た町の灯り、そこで出会った人との思い出、波の音など香住を好きになった理由はそれだけではないような気がしている。

| | コメント (0)

2007年2月 1日 (木)

灯台と神社

Botanomake_9 灯台を巡っていて気づいたことがある。有名な整備された灯台では、その存在感のためなのかあまり気がつかないが、小さな埼や岬の先端、或いは入り江に立つ灯台の近くに神社やほこらが多いことである。 Shiraokami

最近このブログでもまとめた三重県の九木港沓埼灯台は入り口に九Jinjaani木神社、灯台の真裏にも岬神社があった。石川県の白尾灯台は、 能登自動車道のすぐ脇に立っているが、やはり神社が横にあり境内に立っていると言っても良い。06年夏に訪ねた徳島県の阿比瀬ノ鼻灯台も神社の境内から灯台への道が続いていた。他にも挙げればいくつも思い出すことができる。また神社と言うほどでなくても近くにほこらが存在することも多い。三重県の麦埼灯台では、撮影のためにほこらに、もたれかかるようにしてカメラを構えた記憶もある。

神学や宗教論、哲学を説くつもりもなく、もちろん持ち合わせていないが、埼の先端や岬の山中にたたずむその白い建物の周囲に行くと、どことなく清らかな凛とした空気が漂っ ている。そしてその近くに、しめ縄Mugisakikamiが渡されたほこらに気づいたりするのである。阿波の刈又埼灯台の背後にあるほこらが海を、そしてその海へ出る人のために祈るものであろうことは容易に推測できる。航行の安全のために光を放つ灯台に近い位置に、ほこらや神社が建てられていることは、地理的観点からでも当然のことなのかもしれない。

しかし私は、八百万の神として、多くの神が存在すると言う日本人にしか受け入れがたい観念からも、灯台そのものに神を重ねて見ているのだと思う。波間を進む船上からこの光に感謝する心が存在する限り、灯台はお守りであり神なのかもしれない。そしてその考えが、私を灯台に人の香りを感じさせている理由の一つなのかもしれない。

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »