« 白尾灯台(石川県) | トップページ | 唐ノ浜灯台(高知県) »

2007年3月28日 (水)

安乗埼灯台(三重県)

Botantoudai_49 いくつかの灯台をもう一度訪ねたい、と感じる。純粋にその魅力からそう感じることもあるが、多くは満たされなかった何かを求めてそう思うことが多い。しかしなかなかその機会を持てることは少ない。02_10そんな灯台の一つが、地元三重県志摩にある安乗埼灯台だ。

Bikejade_32004年の4月に友人からツーリングに誘われ、この安乗埼灯台など志摩方面を巡った。 当時は250ccの バイク(写真左上)で、カメラ機材もあまり持参できず、更に早朝に出発して昼頃戻るというスケジュールの中、灯台はあくまで通過点であり、灯台を味わうというものではなかった。今回記事にした理由は、その日安乗埼灯台で、あるイベントが行われていたことを思い出したからである。

この日灯台に着いたのは、まだ9時前であったが、灯台に続く堤防沿いの道や民家周囲に人の姿が多く、灯台前の駐車場には数台の車が停まっていた。03_12灯台前の広場にはいくつかのテントが張られている。何かイベントが行われるであろうことはすぐに推察できた。とは言うものの、まだ人の姿も少なく、早速灯台の写真を撮りながら周囲を巡った。灯台 の立つ埼の先端の敷地内まで立ち入れて、そこから眺める景観も良く、気持ちが良かった。また少し離れて海を背景に灯台の建つ埼の眺めも良かった。夢中で写真を撮っていたのだが、つまらなさそうにしている友人の姿が目に入った。考えてみれば彼にとって灯台は、一つの通過点にしか過ぎないのだ。写真撮影も切り上げ、次の目的地を目指すことにしたのが10時頃だった。広場のテントには人が集まり始め、地元の特産品や食べ物などを販売している。友人にお餅やおにぎり、あたたかい海鮮みそ汁をおごったのは、罪滅ぼしの気持ちからだった。

駐車場に戻り、バイクにまたがって次の目的地を確認しているとき、友人が「ふ~ん、今日は灯台一般公開の記念のイベントだったんだ」と口にした。今その言葉を聞けば、違った反応を示したかもしれないが、当時私にとって灯台は、写真を撮るために出かける目的地に過ぎなかったと言える。何のイベントなのかも知らずに灯台でのひ01_10とときを過ごしたのである。結局そのまま友人の後についてバイクを走らせ始めた。

灯台に興味があり、そこを訪ね、そして写真に収めている自分であるが、灯台に対する知識は極めて乏しい。ただ灯台が立つ姿の景観が好きなだけかもしれない。しかし、今になってあのときのイベントが本当に公開記念のものであったのなら・・・と思うと、やはりもう一度訪ね、改めて灯台を味わってみたいと思う。

|

« 白尾灯台(石川県) | トップページ | 唐ノ浜灯台(高知県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白尾灯台(石川県) | トップページ | 唐ノ浜灯台(高知県) »