« 古和浦灯台(三重県)への道 | トップページ | 飛島灯台(徳島県) »

2007年7月30日 (月)

猫埼灯台(兵庫県)への道

Botanmichi Nekosakiway03 灯台への道として、記事を書こうと決めた理由の一つに、この猫埼灯台(写真右上)をあげる事が出来る。05年8月のお盆過ぎに夏期休暇を利用して廻った兵庫県日本海側の数カ所の灯台。最後にこの猫埼灯台を目指したのであるが、地図からは考えられない困難を克服して訪ねたと言っても過言ではなかった。私の場合、この時の経験が現在の灯台巡りに生かされているNekosakiway07 と感じており、是非紹介しておきたいと感じていた。

猫埼は、兵庫県の北東、城崎温泉に近い竹野町にある(写真左上)。地方3号線が海岸近くを通るので、迷うことはない。猫埼の東側には竹野浜があり、海水浴場となっている。猫埼の1/3位まで車で入ることができ、ホテルで行き止まりとなっている。ここから先は徒歩となるが、自然歩道の案内表示(写真左2番目)があり、この表示では 道が先端の灯台まで整備されているように描かれていた。そこで私は、短パンにスニーカー、Tシャツ姿でカメラバッグを背負って進んNekosakiway02だ。確かに途中の公園までは道も整備されていたのであるが、そこから先は、壊れかけた柵や意味をなさない踏み石など、『以前は整備されていたのかも?』と感じる物はあるものの、まったく整備などされていなかった。道は草木に覆われ、トンネルのような所もある(写真右2番目)。更に道その物が消えてしまっている場所もあった。細長い猫埼であるから進む方向を間違えることはないが、両側は傾斜が強く、一部断崖の所もあり、不用意にNekosakiway01近づくと危険である。

公園を過ぎてからは草木と戦いながら、足元に注意しながら進むWaynekosaki1_2ことになる。地図(写真右3番目)の如く、先端までに2つの山を越えなくてはならず、実際に見た形もそうなっている(写真右4番目) 写真でわかるように海寄りを通るのは危険であり、まっすぐ埼の中心部を上り下りを繰り返すしかない。

Nekosakiway05_2公園を過ぎてから20分くらい進むと、先端の急斜面の上に出る。とは言って もすぐ下に波の割れる音が聞こえてはいるが、木々のトンネル(写真左3番目)で見えない。ただ右下が急な崖になっていて危険であることはわかる。そこを注意深く進むと、突然視界が開けて日本海が、そして灯台が眼下に見える。灯台まで階段が付いている(写真左4番目)が、写真で見るよりかなり急であり、真っ直ぐ下に降りている感じだ。帰りも同様30分強時間がかかるが、帰りは道に見覚えがある分気楽であNekosakiway06る。来るとき拾って利用してきた杖代わりの丈夫な枝を元の場所に戻してから車に戻った。汗がひき、帰路について運転を始めた頃に足がヒリヒリと痛むし、痒みも感じた。見ると足のいたる所にすり傷が出来、また虫に刺されたような跡が数カ所あった。

Nekosakiway04_2 整備されていない灯台や埼に立つ灯台を目指すとき、登山ほどでなくても、足場の悪い道や道なき草木の中を進んだり、あるいは急な斜面を登らなくてはならないことは十分にありえる。地図上では1km以下であっても、上り下りをすると危険も増え、更に予想以上に体力も消耗する。また虫に刺されたり蛇に咬まれたりする危険もある。クモの巣が顔にまとわり付いて不快になることもある。草木の中には容易に皮膚を傷つける物もあり、草木の汁はアレルギーの原因ともなる。

この猫埼灯台を訪ねたときの経験から以下の点を学んで、私は次のことを守るようにしている。・登山用の杖を持参すること ・虫除けスプレーをしていくこと ・夏であっても長いパンツで裾は隠すこと ・水分を持参すること ・コンパスを持参すること ・出来れば登山用の靴を履くこと ・連絡通信機器を携帯すること などである。

少々大げさに聞こえるかも知れないが、この猫埼灯台以外でも何度か木々に覆われた林の中で苦労をした。高知県の白ノ鼻灯台を目指したときには、山中で完全に迷ってしまった。距離が短いからとか、海に近いからなどと言って安易に考えず、登山と同じような準備が必要であると思う。そして実際にその後の灯台巡りに利用し、私自身はかなり安心して、そして実際に楽になったと感じている。 

この灯台の記事はこちら→ http://toodai.cocolog-nifty.com/toodai/2006/08/post_5bf7.html

|

« 古和浦灯台(三重県)への道 | トップページ | 飛島灯台(徳島県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古和浦灯台(三重県)への道 | トップページ | 飛島灯台(徳島県) »