« 三木埼灯台(三重県) | トップページ | 猫埼灯台(兵庫県)への道 »

2007年7月29日 (日)

古和浦灯台(三重県)への道

Botanmichi 新たに作成したカテゴリーの『灯台への道』での初めての記事である。この日TVをつけると選挙結果番組ばかりと言うことで、PCに向かって記事をまとめ始めたが、たどり着けなかった灯台を選んでしまった。Kowaura3

三重県の古和浦に立つ灯台である。(右は灯台写真、左上は地図(国土地理院より))三重県の南勢に位置するこの近辺は、典型的なリアス式海岸が続く。牛肉で有名な松坂から大台町、そして尾鷲に続く国道Kowaura1 42号線の途中から、通称紀勢インター線の68号に入り南下すると国道260号線に合流し、東に向かい、古和浦の町に続くトンネル前で海岸線側の細い道に入る。北野神社を通り古和浦町に続く道の途中に灯台があるのであるが、残念ながら道は高い場所を通り、灯台近くまで下る道は見つけられなかった。いや無いのかも知れない。装備があれば降りて行けそうではあるが、高台に立つ展望台から灯台の姿を見て、その困難さを感じ、結局あきらめてしまった。

以前から記事にも書いてきたが、灯台は海上を航行するための物であり、私たち灯台を訪ねる者のためでは決してない。それを承知で陸側から灯台を訪ねようとするとき、自然の厳しさに負けずに立つ灯台に改めて魅せられてしまうのも事実だ。そしてそこを目指す行為の中に、私は自然と向き合える喜びを感じている。

Kowaura2 とは言え、この日は厳しい傾斜や崖、そして多い茂った木々にあっさりと負けて断念した灯台への道であった。蛇足となるが、古和浦はハマチの養殖など行われており、浦内に見える養殖のいかだが夏の日差しに眩しかった。(写真左下)

|

« 三木埼灯台(三重県) | トップページ | 猫埼灯台(兵庫県)への道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三木埼灯台(三重県) | トップページ | 猫埼灯台(兵庫県)への道 »