« 灯台までの道(行程) | トップページ | 古和浦灯台(三重県)への道 »

2007年7月14日 (土)

三木埼灯台(三重県)

Botantoudai_56 予定していた伊豆の灯台巡りが都合で中止となり、灯台巡りの先輩から誘わ れた舞鶴へのお出かけは仕事で行けず、7月の最初の日曜日だけ時間が空いた。そこで早朝に自宅を出て、三重県の尾鷲の南にある三木埼に立つ灯台(写真左上)を目指すこと にした。(右上goo地図より)Mikisakitizu

Mikisaki2三木埼はリアス式海岸の入り組んだ埼の一部で、東西、南北に3km程度の岬である。朝6時に自宅を出て、飛ばしたつもりはなかったのだが、車で入れる最終ポイントに8時過ぎには到着した。ここからは山歩きとなる。蒸し暑い日で、青空も一部見えるが濃い雲も広がっていた。いつもの装備を身につけ、カメラ機材を背負って、熊鈴まで付いた杖を持って山に踏み込んだ。山道は整備されていて、まったく迷うことはない。一般公開も行われている灯台であり、ルートの整備もされているに違いないと言う確信があったのも事実である。Mikisaki6

青緑と表したい色のシダが覆い茂る山道だが、不思議と地面には茶色の枯れ葉が積もっている。 下を見ながら歩いていると、季節を間違いそうだ。(写真右中) 半時間ほどで案内表示がある分岐に出る。そこを案内Mikisaki4 に従い右へ進むとやがて海に近づいた形で下り坂となり、その途中に灯台の姿が見えてくる。正確には、灯台の敷地内に立てられたソーラー発電が先に目に入る。その奥に灯台の姿が見えるが、裏口から入ったような、何か違和感を感じる。近づいてわかったが、本当の灯台への入り口はもう少し斜面の下にあり、そこに三木埼灯台と書かれた門も構えていた。おそらく以前の出入り近くの斜面が崩れたため、現在の場所を利用するようになったのであろう。(写真左中は使われていない門から見た灯台)

急に思い立って訪ねた三木埼灯台であるが、昭和3年から石油を利用して点灯した灯台であり、熊野灘を行き来する船舶にとって重要な灯台である。もっと早くに足を運んでいても不思議ではなかった。言い訳となるが、三重県は縦南北に長く、尾鷲や熊野へ出向くには意外と時間がかかる。更にリアス式海岸であり、埼や岬の山歩きをしないと灯台にたどり着くのは難しい。そんな意味で南紀から和歌山県の灯台は訪ねにくいのである。蛇足に なるが、成田空港からあらゆる手段で各地を訪ねるとき、最も時間がかかる場所の一つが南紀だそうだ。

Mikisaki3ソーラー発電(写真左下)の装置と灯台の間にコンクリートで固められた敷地がある。灯台の姿をカメ ラに納めた後、そこでしばらく過ごした。霞んだ海が眼下に見えるが、海の音は全く聞こえない。水面から150メートルの位置Mikisaki1だ。いつも灯台を訪ねると、しばらくそこでたたずみ、そして船舶から見る灯台の光を思い浮かべる。海にまったくつながりのない自分であるが、その時だけは海の男になる。入り組んだこの地形の中で放たれる三木埼灯台の光を自分なりに感じてから灯台を後にした。(写真右下)

|

« 灯台までの道(行程) | トップページ | 古和浦灯台(三重県)への道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 灯台までの道(行程) | トップページ | 古和浦灯台(三重県)への道 »