« 平館灯台(青森県) | トップページ | 龍飛埼灯台(青森県) »

2007年8月31日 (金)

レンタカー

Botanomake これまで、ほとんどの灯台を自分の車で訪ねてきた。もともと運転好きの自分が、目的地として灯台を選んだことがきっかけで灯台に引き込まれたわけであり、当然とも言える。しかし今回初めて列車で移動して、レンタカーを借りて移動Aomorikuruma するという巡り方を青森県で行った。車で移動することに変わりないのであるが、車好きの人には理解できると思うが、レンタカーの場合、それは移動手段の足でしかない。ドライブとか運転を楽しむという要素は全くと言って良いほど存在しない。(右写真は陸奥大島に渡るため駐車したレンタカー)

今回、青森で借りたのはトヨタのRAV4であった。カメラなど必需品以外持参しなかった自分は、着替えのTシャツなど量販店で求めて、車の後部座席全体を押し入れ兼物干し場の様に利用したのだが、十分な広さでありがたかった。とは言えボディーはコンパクトで扱いやすく、更に四駆。一度だけ三沢市の塩釜で、国土地理院の地図にある灯台を探し砂浜の海岸に迷い込み、四駆を借りておいて良かったと感じた。ただ発進するときに、後輪左から異音がするのだけ気にはなった。(左写真は鮫角灯台前の牧場を背景に撮ったスナップ)

Aomorikuruma2 これまで家族での旅行や職員旅行、遠方での仕事がらみなどではレンタカーを利用してきたが、今回初めて灯台巡りにレンタカーを利用して、自己評価は良好だった。まずトヨタ系のカードを持っているだけで割安になり(と言っても高いと思う人も多いだろうが)、ナビは最新の情報が入っているという点、ほとんど乗り捨てが可能という点、そして何よりも、汚れが気にならない。(キズは査定されるの注意ですけど・・・)

ところが、不思議なもので、3日間行動を共にしていると、情が移ってくる。最終日ガソリンAomorikuruma3 を満タンにしてレンタカー営業所に向かう途中、ハンドルを軽く叩きながら、『ありがとう。無事に回れたよ』と車に語りかけている自分がおかしかった。今後遠方の灯台を巡る場合は必然的にお世話になるであろうレンタカーであるが、頼んだ車種の中には当たり外れもあるであろう。しかしそれも出会いの一つとして楽しんでいきたいと思った。(写真右は龍飛岬の駐車場)

|

« 平館灯台(青森県) | トップページ | 龍飛埼灯台(青森県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平館灯台(青森県) | トップページ | 龍飛埼灯台(青森県) »