« 三津港島堤灯台(京都府) | トップページ | 大間埼(弁天島)灯台(青森県) »

2007年9月26日 (水)

灯台?灯明台(京都府)

Botanomake 以前、ユニバーサルスタジオに行ったとき、灯台仲間から、アミティー近くに灯台があるから・・・などと言われ、ジョーズのアトラクションに立つ灯台を教えられたことがあった。不思議なもので、なんとなく目をやり、カメラに納めていた自分がいたのだが、京都府丹後地方を巡っているとき、同じような経験を二回した。今回はそのことを、おまけ話として記事にした。

Taizakou15間人港を巡った後、経ヶ岬灯台を目指すべく車を走らせていると、前方に灯台が見えてきた。 しかも経ヶ岬の灯台にそっくりだ。まだ経ヶ岬に着くはずもなく、徐々に近づいて驚いた。近代的な建物のてっぺんに灯台の照射灯があるではないか。(写真右上)きっと知る人の間では話題になったのであろうが、丹後町役場の建物の上に灯台の照射灯が作られTaizakou14ているのだ。おもしろいな・・・と思ってカメラを向けてビックリ!本当に光を灯せるような照射灯なのだ。(どなたか、詳細を知っている方がこのブログを見られたら、教えて下さい)

(写真左上)実際にレンズのような照射部が望遠レンズを通して見える。建物自体綺麗で新しい感じであり、その上にこれまた綺麗な照射灯が乗っかっていたのには驚かされた。とは言いつつ、車を止めてカメラを向けている自分にも驚かされたが・・・

その後経ヶ岬を経て、ここまで来たのだからと天橋立(写真左中)に立ち寄った。以前にも訪ねたこと はあったのだが、今回は新たな発見をした。文殊堂に近い場所に、古い灯台を連想させる灯籠が、天橋立に続く橋の手前、道の Monjukoutoumyoudai51_2 端に立っているのである。(写真右下)近づくと説明があり、文殊港としてこの地が賑わっていた時代に活躍していた灯明台なのだそうだ。横には説明の案内表示Monjukoutoumyoudai53もあった。(写真左下)

私は、灯台を目指し、そして訪ねて写真に納めることに喜びを感じており、他の知り合った灯台仲間?に比して明らかに灯台の情報や知識が乏しい。灯台に関連した知識を貪欲に入手しようとする行動も少ないと反省したこともあったが、自分のスタイルは、灯台を巡ることや写真に撮ることだと割りMonjukoutoumyoudai52切っているところもある。しかし、それでも灯台に関連した被写体となりうる物を見つけると興味を示してしまう自分を今回感じて、少しは灯台愛好家の仲間入りできたのかな・・・などと感じてしまった。

|

« 三津港島堤灯台(京都府) | トップページ | 大間埼(弁天島)灯台(青森県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三津港島堤灯台(京都府) | トップページ | 大間埼(弁天島)灯台(青森県) »