« 諸寄港灯台(兵庫県) | トップページ | 野島埼灯台(千葉県) »

2007年10月31日 (水)

布良鼻灯台(千葉県)

Furahana03_2Botantoudai_2土曜夜に東京で行われた研究会の翌日、特急列車に飛び乗り、レンタカーを借りて巡った南房総であるが、ほとんどの灯台は観光地化されており、迷うことなく巡ることが出来た。ただ今回紹介する布良鼻(めらはな)灯台(写真右上)だけは、少し訪ねるのに苦労した。とは言え、私の灯台巡りが岬や埼の山の中を歩くことから始まっており、ある意味楽しめた灯台であったとも言える。

州崎灯台を巡った後、南東に車を進め、右手に平砂浦ののんびりした景観を楽しみながら到着した布良港の南側に灯台がある(写真左上地図:国土地理院より)。細い道に入って港近くを通り抜けると、山の上に灯台の白い姿が見えた。が、そのまま登ってたどり着けるような感じではない。車を適当Furahanaway1 な場所に停めて、灯台の裏側に回り込むように民家の中を歩いた。灯台に続くであろう脇道にはいると、三人の初老の男性がいた。一人がすわって仕事しているのを囲むように二人が立って話をしていた。私に気づくと一斉に不審そうに目を向けた。私は出来る限りの笑顔を浮かべて、『こんにちわ。灯台へ行きたいのですが、この道で行けますか?』と尋ねた。すぐ返事はなかったが、間をおいて一番後方で立っていた男性が、『行けるけど、道は荒れてるよ』と教えてくれた。ただ灯台を訪ねるだけの善良な訪問者であることを伝えようとして、もう一度十分な笑顔を浮かべながら、『かまわないです。灯台の写真を撮りに行くだけですから』と明るく答えた。どうやらその思いが伝わったらしく、『滑りやすいから気を付けて。右にFurahana01右に進めば行けるから。』と他の男性も笑顔で教えてくれた。地元の人にも受け入れられた訪問となり、気持ちよく灯台を目指すことになった。

灯台までの距離はたいしたことはなかったが、一部足下が崩れていたり木々が覆っていて歩きにくかった。しかしそれ以上にクモの巣が大変だった。かなり大きなクモが至る所に巣を作っていて、私は巣を避けたり、枝木に絡ませて取り除いたりしながら進んだ。灯台周囲は荒れていて、草木に覆われそのまFurahana02 までは海は見えない。幸い灯台の敷地を柵が囲い、門(と言っても草に紛れているが・・・)が設置されていた。この上によじ登り、高い位置から見渡すことが出来た。そこから見ると灯台の向こう側に広がる太平洋がしっかりと見え、秋の日射しに輝く砂浜も見ることが出来た。(写真右下)そこから海を背景に逆光であったが、灯台のお気に入りの写真も納めることができた。(写真左下)

帰りに一人の男性がその場で仕事を続けていた。私が『ありがとうございました』と、大きな声で礼を言うと、男性も大きな声で、『はい。どうも』と返してくれた。爽やかな秋晴れであったが、気分も晴れやかに次の灯台へ向かうことができた。

|

« 諸寄港灯台(兵庫県) | トップページ | 野島埼灯台(千葉県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 諸寄港灯台(兵庫県) | トップページ | 野島埼灯台(千葉県) »