« 御座岬灯台(三重県) | トップページ | 浜島港灯台(三重県) »

2007年11月19日 (月)

洲崎灯台(千葉県)

Susaki1Botantoudai_2洲崎灯台(写真右上)は、対岸の三浦半島の釼埼灯台とで東京湾の入り口を守る重要な灯台として有名である。と知りつつも東海地方に住む私には、訪れるまで地理的イメージが頭の中には浮かばなかった。洲崎灯台の北緯は34度58分であり、私が住む町の北緯とほぼ同じであり、直線距離で考えれば、東京よりも近いことになる。不思議なものでそう考えただけで親しみが湧いてきた。

館山港沖島灯台を訪ねた後に洲崎灯台に向かった。沖島灯台やその周辺の景観で、既に十分感動させてもらっていたのであるが、前方に洲崎灯台を見ただけで、また新たな感動を覚えた。澄み切った青空を背景に、埼の高台に立つ白い灯台は、眩しく輝いていた。実は、灯台を見つけるときの私なりのお気に入りの状態をいくつか思い描いたことがあった。夕闇迫る海岸でちょうど点灯し始めた灯台を見つける時や、埼の木々の中を歩いて急に開けた視界の中に海の碧色と白い灯台が目に飛び込んでくる時、などなど。そしてその一つが、今回のようにドライブ中に突然目に飛び込んでくる青空を背景にした灯台だったのである。

灯台に向かうための細い道に入ると、その先に有料の駐車場があった。観光地だからと納得して駐車したのだが、駐車場のおじさんが親切に灯台や景色を撮影するポイントを説明してくれて、支払った料金も気持ち良く感じた。 まずは灯台に向かった。一番の高台の上に囲まれた整備された敷地があり、その入り口近くに灯台が立っていた。(写真左上)目線からも背景に海を入れることは出来たが、灯台の反対側にあるSusaki3塀の隅に登って眺めると、右手に東京湾、正面に相模湾、やや左手に大島が確認できた。しばらくゆっくりと灯台を味わっていたのだが、突然元気の良い子供と、続いてお父さんが現れた。そして『よし、ここも登ろう』と灯台への登り口を探していた。おそらくは、登れる灯台である野島埼灯台を先に観光してきたのであろう。『ここは登れないんだ』と残念がる親子の姿も、この時はのんびりと灯台を味わえていた私には微笑ましく映った。(実はその後野島埼灯台で、登れる灯台であるが故の思い出もできてしまったのだが・・・2つ前のブログ参照)

灯台の立つ丘から左手に景色の良いポイントとして駐車場のおじさんからも聞いた、「夕日が丘富士見台」がある。その地点から、天気が良いと富士山と大島が見えるのだそうだ。(写真右下)写真にも写っているが、立て札があり、こう書かれていた。『富士山見えれば大吉、大島見えれば中吉、その他小吉』 凶の言葉は存在しない文句に、再び微笑ましさを感じてしまった。ちなみにこの日は晴天にもかかわらず富士は見えなく、中吉と言うことになるのだが、いつものように『やっぱりまだ上がある中吉が一番』と納得している自分であった。Susaki4_2

駐車場に戻る前に、灯台の下に広がる町を奥まで歩いてみた。どこからでも灯台は見えた。しかも町は灯台よりも海側に広がっており、灯台の光は町の頭上を通って海上に届いているわけである。海のない町に育った私には、ある種の憧れにも近いものを感じながら駐車場に戻った。

|

« 御座岬灯台(三重県) | トップページ | 浜島港灯台(三重県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 御座岬灯台(三重県) | トップページ | 浜島港灯台(三重県) »