« 博奕岬灯台(京都府)への道 | トップページ | 若狭高浜港島堤灯台(福井県) »

2008年2月27日 (水)

贄埼(にえさき)灯台(三重県)

Botantoudai年が明けてから忙しい日が続く上に、予定が空いた休日に限り雪が降ったり、強風であったりして遠方の灯台に出Tsusisaki6tizu2かけるということができなかった。そんな言いわけとも言える理由で、今回も地元の灯台を紹介することにした。私は三重県の北勢地方と呼ばれるエリアに住んでいるが、県内の有名な灯台は、伊勢(志摩半島)より南のリアス式海岸沿いに多く、濃尾平野に続く伊勢湾沿いには灯台そのものが少ない。(地図右上:gooより)二つ前のブログで、そんな少ない灯台から四日市にある磯津港の灯台を紹介したが、今回は県庁所在地である津市にある、贄埼(にえさき)灯台(写真左上)を選んだ。

Tsusisaki1中部国際空港(セントレア)が開港して、津から連絡船が出るようになり、そTsusisaki6tizuの一画が新たに”なぎさまち”として整備されたのであるが、贄埼灯台は、その手前の港町から続く場所にある。(地図右2番目:国 土地理院より)”なぎさまち”によって灯台の存在が霞んでしまったようにも感じるが、逆に訪ねる人が増えたわけであり、知る人は増えたのではないだろうか。

空港と言うとどことなく華やかなイメージを持つが、そこに続く連絡船乗り場となった”なぎさまち”もどことなく華やいで感じられる。

本来連絡船乗り場や港などでは、華やかと言う言葉は似合わない。旅立つ人、仕事で利用する人など様々であろうが、海の上を航行する現実的な移動手段では、移動するという乗り物特有の楽しみ以上の物はなく、むしろ別れのシーンや生活に密着した香りのなかTsusisaki2 に日常を意識することも多いはずだ。にもかかわらず、”なぎさまち”に華やかさを感じたのは、それは飛行機による非日常の移動手段につながる中にハイテクな文明の香りを感じて、ひとときの夢を追い求める気持ちからかもしれない。

と勝手な考えを書いてしまったが、”なぎさまち”の出現により少し奥に引っ込んだように立っている贄埼灯台を見ると、華やかであろうがなかろうが、関係ないと言う姿でそこに存在している。私が勝手に華やかと考えた”なぎさまち”の景観にも自然に溶け込んでいる(写真右下)

Tsusisaki5 自分の住む街では朝から雪が舞う寒い日曜日であったが、午前中のみ時間が空いたため灯台を目指したのだが、結局近い灯台に足を運ぶことになった。幸い津市は青空も見える天気だった。考えてみれば、津市内の病院に勤務していたときには、すぐ近くにある野球場や飲食店など訪ねていたのであるが、贄埼灯台を目的に足を運ぶことはなかった。立ち去るときに昼近くの日ざしを背後に受けた贄埼灯台を見ると、けっして華やいだ姿ではないが、素直に『また、来よう』と思わせた。

|

« 博奕岬灯台(京都府)への道 | トップページ | 若狭高浜港島堤灯台(福井県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 博奕岬灯台(京都府)への道 | トップページ | 若狭高浜港島堤灯台(福井県) »