« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月25日 (日)

菅島灯台(三重県)

Botantoudai 昨年2007年のGWは神島に渡り、灯台だけでなく、『潮騒』の舞台をのんびりと味Sugashima1 わったのだが、今年2008年のGWは、同じように島に渡ったものの、灯台だけを巡ってすぐに自宅に戻るというものだった。行き先は菅島灯台(写真右上)であった。

勤務医時代はGWが恨めしかったが、今は当番に当たらなければ、一応暦通りの休日がいただける。4月の最後の日曜日(世間ではその前日からGWと言うらしいが)の早朝自宅を出て、鳥羽から始発の連絡船で菅島に渡った。そう言えば昨年のこの時期に、灯台巡りの先輩方が菅島に渡り、菅島灯台を『でかい』と表現していたことを思いだし、船の中で期待が膨らむのを感じた。島に着くと、案内 表示を確認して、迷うこともなく灯台目指して歩き始めた。しばらく行くSugashima2とかなり急な坂道。階段ではなく、舗装された斜面の歩きにくいこと(下りはもっと大変だったが)。途中から階段となったが、かなり急である。腰の曲がった老婆が私の前をゆっくりと登っていた。上にある畑へ向かうのだろう。挨拶を交わしたのだが、その声は若々しく、大きかった。

灯台まで一気に進み、およそ15分くらいかかっただろうか。遅咲きの桜が門の近くに咲Sugashima3 き、霞んだ青空の日ざしが、周囲の緑で眩しく感じられた(写真左上)。正面に立つと確かに『でかい』。写真は見たことがあったが、実際見ると更に大きく感じた。菅島灯台の歴史を今更語る必要も無いであろうが、煉瓦造りの灯台としては最も古い物である。より安定した形上の大きさなのだろうか、などと感じつつ灯台をゆっくりと味わった(写真右中)。

菅島灯台の正面には、草が覆っているが広場があり、写真を撮る者からすると、いろいろ構図を考えられて嬉しい。もちろんここだけでなく、灯台守のなごりが残る灯台は、おおむね敷地がそのまま残されていて広い。そう言えば先日、お父様が灯台守をされていたと言われる方からメールをいただいた。私Sugashima4が既に訪ね、ブログ記事にしていた徳島と函館の灯台について思い出深く書かれていた。ここ菅島の宿舎は移転され、記念館として保存されているらしいが、こう言った灯台には、灯台を守って見えた方々の生活がそのまましみ込んでいるのだと改めて教えられた メールだった。

正面からもう一度見ると、やはりでかかった。約半時間の滞在で、慌ただしく後にしたが、春の日ざしの中で、でかさ以上の存在感を感じた(写真左下)。

帰りの連絡船まで10数分しかなく、来る時に登りにくさを感じた舗装した斜面を、転がる ように駆け下りて、手を振りながら『乗ります』と言う意志を全身で表現しながら連絡船まSugashima5で全力で走り、まるで列車に飛び乗るように船に飛び乗った。(私を見て、待っていてくれた係のお兄さんに感謝!)私が乗るとすぐに出航だった。汗だくになった私は、後方のデッキに出て、風に当たりながら汗が乾くのを待ったが、菅島としては何の記憶も残らないことを嫌って、島の写真を船の上から数枚撮っている自分だった(写真右下)。

| | コメント (0)

2008年5月13日 (火)

陸奥大島灯台への道(青森県)

Botanmichi

夏泊と言う地名が、爽やかな夏の日に訪ねた私としては、なんとも心地よく感じMutsuoosima07 たのであるが、陸奥湾に突き出た夏泊半島の先端にある陸奥大島灯台(写真右上)への道を今回は紹介する。灯台のブログはこちら↓

http://toodai.cocolog-nifty.com/toodai/2007/08/post_b5b4.html

青森市から国道4号線を東に、陸奥湾に沿って走り、陸奥湾から離れた平内町から左折して夏泊方面に進む。(地図左上:MAPfanより)アネコ坂という山間を抜ける道を通ると、一度陸奥湾が左手に見え、もう一度山間部に入り、馬屋尻からWaymutsuooshima02 は再び陸奥湾に沿って走る。この辺りは景観も良くドライブしていて楽しい。陸奥大島灯台は、その名の通り大島という島に立っている。夏泊半島をUターンする先端近くの左手に大島が見えるが、ちょうどここに駐車場がある。大島へは橋が架かっており歩いて渡れ、周辺は釣りや海で遊ぶ人がたくさん訪れるようである。私は、青森市を早朝に出て、平日の午前8時前に着いたためか、駐車場は全くの空車状態であった。周辺道Waymutsuooshima01路の路肩はもちろん駐車禁止だが、駐車するスペースは無いこともない。しかし最も大島に近い場所に駐車場はあった。

parking駐車場のおじさんに料金を支払うとき、『大島の灯台へは行けますか?』と尋ねると、東北弁のため詳細はわからなかったが、足下は悪いが行けると言う意味は伝わった。カメラリュックに、適当に装備を詰め込んで、短パンにTシャツ姿で向かうことにした。駐車場から大島へつながる橋に向かう道沿いに、いわゆる海の家のよMutsuoosima02 うな店屋さんが並んでいたが、まだ開店前の準備状態で、店の人も私を珍しそうに見ていた。橋の欄干には海鳥が、気持ち悪いほど留まっていたが、私が渡り始めるとジッパーを開くように次々と飛び立ち、島に渡ったときには全て飛び立っていた(写真左二番目)。

大島は縦に細長く(地図右二番目MAPfanより)、灯台は橋の反対側にあるため、島の中央部の山となっている所を歩いていくことになる。登り道は階段まで付いていて、整備されているのかと思ったが、すぐに道は草木に被われた山道となった。更に夜露にしっかり濡れていて、短パンもTシャツも濡れて冷たい。Mutsuoosima14

木々を抜けると視界が開けて、前方に比較的背の低い草が丘全体を覆い、そのほぼ頂上に灯台の姿が見えた(写真右三番目)。しかし、そこへは背丈ほどある草むらを抜けなくてはならなかった。通り抜けると、やはり夜露でずぶ濡れ状態。

Mutsuoosima12 しかしそこから先は気持ち良かった。天気もよく、近づくと思ったより背の低い灯台の台座に腰掛け、裸になり衣類を乾かしたsun。灯台から振り返ると、灯台の立つ丘以外は森になった島であることがよくわかる(写真左三番目)。しかも海岸沿いに来ることは出来ないようである。約半時間ほど灯台周辺で過ごしたが、もう少し先にある弁天神社へは草が邪魔していて訪ねることはできなかった(写真右下:灯台の後方に鳥居が見える)。

すっかり乾燥した衣類はリュックにしまって、代わりに持参した雨用のウエアを着て、草木の露を避けMutsuoosima10て車に戻った。車に着くと、待っていたかの様に、駐車場のおじさんが歩み寄ってきて、正確にはわからなかったが、灯台まで行けたかどうかを尋ねた。草木が邪魔して大変だったことや神社までは行けなかったことを伝えると、『んじゃ、祭りまでに草払わんと・・・』と言う内容を東北弁で口にした。私は下見として利用されたのだろうかcoldsweats02・・・と思いつつ、体の汗を拭き落として、安井埼灯台を目指して車を進めた。

| | コメント (0)

2008年5月 2日 (金)

私のお気に入りの灯台vol.2

Botanomakeゴールデンウイーク真っ直中。と言っても暦通りの休日の者には、あまり実感はわかない。先週県内の灯台を一箇所訪ねたが、この連休中に新たな灯台を巡る予定もなく、今回は私のお気に入りの灯台の2回目を記事にすることにした。私のお気に入りの灯台vol.1はこちら ↓ http://toodai.cocolog-nifty.com/toodai/2007/12/1_9e68.html 

今回も5基の灯台を選んだが、単に自分が訪ねてお気に入りと言うだけの理由で選んでおり、深い意図は何もないことを付け加えておきたい。

・館山港沖島灯台(千葉県):2007年の秋晴れの日に訪ね、出会った人たちOkinoshima5 との思い出や心地よい旅程だったこともお気に入りとなった。しかし何よりも沖島へ渡る砂浜で感動したことは大きな要因 である。白い砂浜が両側に海を見ながら沖島までつながっていると言う南国のリゾートを連想するような景観、Okinoshima4そして見事なまでに晴れ渡った青空、灯台横に広がる浜辺で遊ぶ家族の姿、それら全てに感動し、私を癒してくれた。

http://toodai.cocolog-nifty.com/toodai/2007/10/post_17a6.html

・立石岬灯台(福井県):今でこそ、灯台巡りのリピートは目的に応じて行うが、ここ立石岬Tateishimisaki01 灯台は、ただ『もう一度行きたい』とだけ思って初めて二度目の訪問をした灯台である。背の低いケーキのようなデザインの灯台が岬の上にチョコンと建てられており、周囲は整備されているとは言えないが、どこかのんびり出来るスペースが確保されている。確か二度目の訪問以後、集中豪雨があって、整備のため立ち入り禁止になっていたが、変わっているのなら3度目の訪問をしたいと思っている。

http://toodai.cocolog-nifty.com/toodai/2006/04/post_ca18.html

・浜島港灯台(三重県):地元の灯台を選ぶとき、『どうして、大王埼や安乗埼を?』と言うHamajimakou4 声が聞こえてきそうだが、単にまだ両者とも決定的な訪問をしていないからである。この矢取島に立つ浜島港灯台へは初冬のあるHamajimakou1日、矢取島の由来となった伝説を感じながら訪ねることができた。空が茜色と青空のグラデュエーションを見せ、沈む夕日で徐々にシルエットとして島が暗闇に消えていく中点灯された、けっして強力ではない灯台の明かりから、大げさかもしれないが時空を越えたロマンの様なものを感じたのは確かである。

http://toodai.cocolog-nifty.com/toodai/2007/12/post_2a89.html

・加佐岬灯台(石川県):日本海を訪ねるときは、夕日を狙って行くことが多い。しかし、な03_2かなか狙ったような夕焼けに出会えないことが多い。ここ加佐岬を訪ねたときも夕日を狙い、そして夕焼けの灯台写真を撮ったのだが、構図などたくさんの不満が残った。にも関わらずお気に入りとしたのは、灯台を含め周囲の雰囲気が素晴らしいのである。観光地ともなっておらず、人も少なく静かな中景観を楽しめる。東尋坊Kasamisakinight とまで行かないが岸壁も楽しめ、岩場を散策することもできる。初秋の時期に日没後の投光する姿を目的に再訪問したこともあるが、次回はもっとお気に入りの写真を撮りたいものである。

http://toodai.cocolog-nifty.com/toodai/2006/06/post_c7f9.html

・室戸岬灯台(高知県):室戸岬灯台をお気に入りに挙げる人は多いであろう。私も十分Muroto01 にお気に入りなのだが、実は室戸岬灯台の初めての出会いは中途半端だった。寝坊のために日の出に間に合わなかったのである。それでもお気に入りに入れたのは、夜が明けて太陽が水平線からかなり上になった時間でも、その圧倒的な存在に十分感動したからである。だからこそ夜明けの灯台を絶対に訪問したいと思い、室戸岬灯台への憧れが更に強まり、お気に入りに既に入っているのかもしれない。

http://toodai.cocolog-nifty.com/toodai/2007/03/post_ac5d.html

今回5基の灯台をvol.2として選んだ。vol.1とあわせて10基選んだが、選ぶ基準は、灯台を訪ねたときの自分の感動であり、その意味では選ばれなかった灯台こそ、新たな感動を求めて再訪問したくなるかもしれない・・・と思った。

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »