« 深谷水道南標識灯(三重県) | トップページ | 残波岬灯台(沖縄) »

2008年6月26日 (木)

高墓埼灯台(沖縄)

Botantoudai 沖縄の灯台を巡る旅は、名護市の西側から海岸線に沿って北に向かい、辺戸 岬から南下して、安田(あた)の手前にある瀬嵩埼灯台を訪ねた所Takahakasaki3で時間となった。今回は職員旅行で訪ねた沖縄であり、午後2時にはホテルで職員と待ち合わせをしていたのだ。できれば安田からゆっくり沖縄の自然を感じながら南下して、やんばる発電所近くを通り、今回紹介する高墓埼灯台(写真右上)を目指すつもりであったが、それでは間に合いそうになく、安田から西側海岸まで出て名護市に戻り、ホテルにはちょうど2時に着いた(地図左上:Map Fanより)。ところが、職員も予定通り行かなかったようで、結局午後4時過ぎまで再び自由行動となった。そこで、もう一度車に飛び乗り名護市から東に向かい、二見を超えて高墓埼を訪ねることにした。

Takahakasakichizu5 高墓埼灯台は、カヌチャベイホテルで有名なカヌチャリゾートの東側、安部埼の近く(地図右二番目:国土地理院より)にある。今回の職員旅行で宿泊の候補にもなったホテルの近くと言うことで、ある程度周囲も開けているのかTakahakasakichizu1と思いきや、周囲はほとんど開発されておらず、本当にカヌチャリゾート内だけが整っていることを実感させられ、宿泊地を部瀬名にしたことは、職員のこの日の行動からは正解だったと思わざるを得なかった。

Takahakasaki4 灯台へ入っていく道はすぐに見つかったのであるが、ちょうど車一台分の道が幾度か分岐している。更にどの道も地道で両側は草が覆い茂っている。結局二度ほどバックして引き返すことになり、最後は分岐点に車を止めて徒歩で向かうことにした。気温も上昇し、蒸し暑さが応える時間帯であり、茂った草をよけながら進む背中は汗まみれになっていた。ようやくたどり着いた灯台の周囲は、辺り一面に草が茂った所であった(写真左中)。

大浦湾がわずかに見えるものの、草が邪魔して海上方向の視界は悪い。少し小高い場 所に登り、なんとか海を少しだけ入れた写真を撮ることが出来た(写真Takahakasaki1右下)。しかし私の背丈から見える景色は草むらだけである。しかたなく、ゆっくり灯台を味わうことにしたのだが、初灯を見て驚いた。初灯は昭和37年であり、今回私が訪ねた備瀬埼灯台、辺戸岬灯台に次いで古い灯台なのである。とは言えよく目にする姿の灯台であり特別なイメージはない。灯台その物に詳しくない私は、返還される以前には灯台の管理はどこが行っていたのかと言う疑問が湧いたが、答えを知るすべもなく、ただその歴史に思いをはせTakahakasaki2 つつ、灯台の真下に腰を下ろしてしばらくたたずんだ。海も見えず、波の音も聞こえない。風も吹いておらず、わずかに虫の音だけが聞こえた。そのまま汗が乾くのを待つつもりだったが、じっとしていても新たに汗が流れ出てきた。しばらくすると遠くからヘリコプターの音が聞こえ始め静寂も終わり、現実に引き戻されて帰路につくことにした。

|

« 深谷水道南標識灯(三重県) | トップページ | 残波岬灯台(沖縄) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 深谷水道南標識灯(三重県) | トップページ | 残波岬灯台(沖縄) »