« 番所の埼・四双島灯台(和歌山県) | トップページ | 日立灯台(茨城県) »

2008年8月27日 (水)

番所灯台(福島県)

Botantoudai 和歌山県にある、番所の埼灯台を一つ前のブログで紹介したが、今回は福島Bansyosakifukushima1 県のいわき市にある番所灯台(写真右上)を紹介する。2008年の8月中頃過ぎに訪ねたのだが、この日東北地方は大雨警報が出る雨。しかし福島県相馬市を抜けた頃から空は明るさを取り戻し、ここ番所埼に着く頃には青空も見え始めていた。

仙台を出発し、宮城・福島・茨城・千葉と南下して、南房総の鴨川灯台を終点に計画した3日間の灯台巡りであったが、仙台のラジオ局から繰り返し伝えられる大雨警報と、フロントが見えない激しい雨にこの日の予定を変更し、宮城県の数基のBansyosakifukushimachizu6灯台は あきらめて、福島県から巡ることにした。さすがに福島県に入って最初の小良ケ浜灯台では雨が降っていたが、次の塩屋埼灯台では雨も上がり明るさが戻り、ここ番所埼では青空も顔を出してくれ、晴れ男を自称している自分としても笑みが戻った。

番所埼は、いわき市小名浜の三崎公園の海岸沿いに立つ(地図左上:国土地理院より)。周辺は公園として整備されており、崎の中心にはマリンタワーがそびえている(写真 左中)。その存在は圧倒的で、崎のどの位置からでも確認できる。なぜあの上を灯台にしBansyosakifukushima5ないのだろうと言う素人的な思いが浮かんでしまった。崎をぐるっと巡るようにつながる道沿いには、それぞれの目的地にあわせていくつもの駐車場が整備されており、訪ねる者にとっては嬉しい。崎の先端に当たる場所近くの駐車場に車を止めて海に向かうと、番所灯台の案 内もあり、その道を進むと北東方面に青空も顔を出した空と少し荒れた海を背景に灯台が立っていBansyosakifukushima2た(写真右中)。灯台の周辺は公園として整備されていて景観も良く気持ち良い(写真左下)。雨上がりで人の姿もないが、休日のお天気には、家族連れやカップルで賑わいそうだ、などと思いつつ、もっと青空を背景に入れたくて、海に向かって灯台の右手方向(南側)に進むと、なんと一組のカップルがキスの真っ最中。どう見ても20歳前後の女性と40歳ぐらいの男性と言う 組み合わせに、どこか怒りを覚えつつも、二人が立ち去るのを反対側のベンチに座ってじっと待っBansyosakifukushima3た。待つこと10分ほどでようやく苛立ちから解放されて、南側の青空を背景に灯台が見られる場所に移動できた。仙台を出発したときには、どうなるのかと心配する豪雨であったが、こうやって青空を背景に番所埼を訪ねることができたことで、宮城県内の灯台を諦め、福島県まで移動した選択が間違いではなかったと思えた。アベックが立ち去った場所から、青空が広がり始めた北東の空を背景に撮った写真が右下である。Bansyosakifukushima4

いわき市に住まれる方にはお叱りを受けるかもしれないが、当初いわき市と言う響きに何故か良い印象を持っていなかった自分なのであるが、街中や小名浜周辺、そして港周辺など実にきれいで、良い雰囲気であった。次回は灯台ではなく観光としてゆっくり訪れたいと思ったことを付け加えておく。

|

« 番所の埼・四双島灯台(和歌山県) | トップページ | 日立灯台(茨城県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 番所の埼・四双島灯台(和歌山県) | トップページ | 日立灯台(茨城県) »