« 剱埼灯台(神奈川県) | トップページ | 小良ケ浜灯台(福島県) »

2008年10月30日 (木)

鴨川灯台(千葉県)

Botantoudai Kamogawa4島に立つ灯台。それだけでも魅力的な響きがあるが、残念ながら船を利用して島に渡り訪 れた灯台はまだ数少ない。今回紹介する鴨川灯台(写真右上)は、島に立つ灯台であるが、防波堤から橋が架けられ、歩いて訪ねることができる。地図上(地図左上)には橋は示されておらず、歩いて渡れることを知らなかった自分は訪ねるまで、防波堤から写真に納めることが出来たら幸いと割り切っていた。それだけに橋を見つけた時には、思わず感激してしまった。

鴨川と聞くと、中部地域に住む自分はシーワールドくらいしか思い浮かばない。幼い頃に千葉県に住む親戚宅を訪ね、連れて行ってもらった記憶がある。シャチのショーと広場でやっていた仮面ライダーショーが思い出深い。

Kamogawachizu6今にも降り出しそうな曇り空の中、勝浦方面から車を進めて午前9時前に鴨川に入った。週末と言うこともあり鴨川シーワールド前は、駐車場を求めた家族連れの車が数多く並んでいた。シーワールドを過 ぎて港を目指したが、民家が軒を連ねる細い道の途中に、『港左折』の標識が出ていた。細い道のため一度通り過ぎて、港を見下ろせる高台まで登って、方向を確認してから、戻ってその道に入った。細い道であったが、港周辺の道につながっており、そこからKamogawa1防波堤に沿って島の近くまで車を進めることが出来た。灯台巡りをしていると、Uターンすら出来ない細い道に入り込み、行き止まりで苦労すると言う経験が時々ある。そのため見通しの悪い細い道に入るときは、少し慎重になっている気がする。

Kamogawa3防波堤からつながる橋は鉄製で、仮設とも言える橋(写真右中)であるが、釣り人を含め利用する人は多いようだ。島に渡ると木々の間に作られた道があったが、ゴミが目立った。更に灯台の周囲は、よりゴミが目立った。当たり前のことであるが、『エチケットを守らない人は来るな!』と言いたくなる。

あいにくの曇り空の下、防波堤の反対側から何枚か写真を撮った。反対側は岩肌が続き、崖なのだが、斜面はなだらかで少し下まで降りることが出来る。見上げると灯台がそびえている(写真左中)。防波堤を囲むように四つの島があり、灯台が立つ島が荒島、そKamogawa5してその隣の弁天島がここからよく見えた。崖を移動して、出来るだけ灯台の北側から灯台を入れて弁天島の写真を撮った(写真右下)。弁天島には、その名の通り祠があるようで、以前にもブログで書いたが、灯台近くにある神社である。この弁天島にも防波堤から橋が架けられていた。

島から防波堤に戻り、もう少し防波堤の先まで進むと、灯台の立つ荒島の全景が見える、灯台は北側の端に近いところに立っている(写真左下)。渡ることが出来なければ、この姿しか見ることがかなわなかったはずである。冒頭にも書いたが、島Kamogawa2に立つ灯台には、陸続きの岬や埼に立つ灯台とは、またひと味違ったロマンがある。他の灯台巡りの先輩達のHPや記事を読ませていただいても、島に渡って味わった灯台の思いは格別のように書かれている。私ももう少し島に渡る努力をしないと・・・などと考えながら、夏の休暇で巡った灯台の最終目的地であった鴨川灯台を後にして、自宅への長い帰途についた。

|

« 剱埼灯台(神奈川県) | トップページ | 小良ケ浜灯台(福島県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 剱埼灯台(神奈川県) | トップページ | 小良ケ浜灯台(福島県) »