« 磯浜灯台跡(茨城県) | トップページ | 太東埼灯台(千葉県) »

2008年10月 9日 (木)

鹿島灯台(茨城県)

Botantoudai 灯台と言えば、”海”のはずであるが、今回紹介する茨城県の鹿島灯台(写真Kashima2 右上)は、海の存在に全く気づかないままに到着し、更に海が見えない状況で灯台を味わうと言った、これまで経験したことのない形での訪問となった。

『鹿島』の地名で鹿島アントラーズを連想する人は多いであろう。当然スタジアムの存在も思いつく。私も事前に地図を見て下調べをしている時、スタジアムの存在を強く意識し、灯台よりもスタジアムを目印として頭に入れた。そのためかも知れないKashimachizu5が、地図からルートを検索するとき、海側を通らず、スタジアム近くを通る道を選んでしまったのだ。とは言え、この時の灯台巡りは福島県から千葉県まで太平洋岸に沿って南下して巡るわけであり、海を意識することがなくても、当然海を目にするものと考えていたことも事実である。ところが茨城県南部では、海沿いの道を選ばず南下してくると、ほとんど海を見ることなく鹿島灯台に着いてしまい、その上灯台の敷地から海の景色は全く見えなかった。確かに地図上、灯台から海岸線まで500m以上も離れている(地図左上:MapFanより)。しかしスタジアムや灯台は海Kashimachizu7岸線より高い場所の平地に立っている。にもかかわらず海が見えないのは、海側に林が連なっており、景色が遮られていることが理由のようであった。間違いなく灯台の上に登れば鹿島灘が一望できるはずである。(地図右上:国土地理院より.等高線が上がっているのがわかる)

灯台の周囲は民家や空き地、畑、そしてお墓が囲んでいる。灯台の海側は墓地で、海に向かって左手は畑、そして右手や後方は道を隔てて住宅Kashima3地となっている。車を止めて灯台を見上げると曇天の下、海の方向に林が連なり景色を遮っている(写真左上)。海が見えないためか、どことなくいつもと勝手が違う。いつもであれば如何にすれば海を背景にしたお気に入りの灯台写真が撮れるかと歩き回るのであるが、そう言った思いを抱くこともない。ただ灯台の写真をどの方向から撮影しようかと考えて、灯台を見上げながら周辺を歩いた。灯台に近づくと燈光会の案内板が立てられている。昭和46年初灯で、鹿島港が開かれ、この地域が発展するのを見守り続けてきたことが書かれている。Kashima4

余談になるが、灯台の外観とプレートはその新しさが一致しないことが多い。灯台は改築や再塗装などで新しくても、プレートは初灯時からのものが付き、時にアンバランスを感じるときもある。ここ鹿島灯台は、灯台とプレートから同じ程度の時の流れを感じた(写真右下)。

墓地の方に回り灯台を正面から見ると、右後方にスタジアムの姿も見えた(写真左下)。海も見えない灯台の写真を撮っていた私としては、曇り空の下ではあるが、鹿島灯台を意Kashima1識できるアングルだと考え、墓地内に立ち入らせていただき、撮影ポイントを探した。どの位置からでもすぐ頭上に灯台がそびえている。後方にスタジアムを入れ、何枚かの写真を撮っていたのだが、ふと考えると灯台の光はこの墓地の上を通過して海に届いているのである。『灯台もと暗し』で良かったのだと思わずにはいられなかった。

|

« 磯浜灯台跡(茨城県) | トップページ | 太東埼灯台(千葉県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 磯浜灯台跡(茨城県) | トップページ | 太東埼灯台(千葉県) »