« 小良ケ浜灯台(福島県) | トップページ | またまた野間埼灯台-3- »

2008年11月13日 (木)

産湯埼中磯灯台(和歌山県)

Botantoudai 私が灯台巡りを始めた当初は、国土地理院の地図を海岸線に沿って眺め、灯台の印を見つけて、そこに出かけるというものだった。だからUbuyuokichizu6たどり着くまで灯台の情報はおろか、どんな形の灯台かも知らずに出かけていたのである。私が灯台として海上保安庁や他の先輩方の情報を参考にするようになったのは最近の事である。しかし今年夏に巡った和歌山の灯台は、これまでの様に国土地理院の地図(写真地図右上)だけ見て行程を決めた。『産湯埼』と言う微笑ましい名前の埼に灯台の印が付いており、是非とも立ち寄りたいと考え、日ノ御埼灯台Ubuyuoki1の次に立ち寄るつもりにしていたのである。

とにかく強い日差しの中、日ノ御埼を出て産湯埼に着いたのは、 午後1時半頃であった。灯台を目指すには、『産湯』よりもう一つ北側の入り江『比井』からの方が良いと考え(地図右上参照)、産湯からもう一つ坂道を登り下りした所にある施設の駐車場に車を停めたのだが、そこはなんと火葬場の駐車場だった。「産湯」から一つ山を越えた所に「火葬場」があることに因縁めいたものを感じたのだが、この日葬儀も行われており、さすがに遠慮して少し離れた空き地に車を移動させた。カメラリュックを背負って炎天下の中、埼の岩場が続く海岸Ubuyuoki4線を進むことにした。岩は案外滑りやすく足場が不安定で、吹き出す汗を拭いながら、20分程かけてようやく埼の先端部分にたどり着いた。しかし、どこを探しても灯台の姿は見えない。埼の中ほど木々に囲まれた場所に立っているとしても、海岸線に近い岩場からなら、照射灯のある先端部分くらいは見えるはずである。しかしそれも探すことは出来なかった。実際には存在しない可能性もある。以前にも三回ほど地図に灯台の印があっても、訪ねてみると存在しないと言った経験がある。

Ubuyuoki3_2 仕方なく、沖の方を眺めると、空に龍が登るような見事な形の雲が水平線から延び(写真右中)、その手前には、中磯灯台の姿が確認できた。事前に地図で見たときには、中磯灯台は距離が離れており、さすがに撮影は無理かと思ったのだが、産湯埼の最も突き出た岩場を渡り歩いて、本当に先端部まで行くと、望遠レンズを通してその全貌が確認できた(写真左中)。産湯埼の灯台を目指してきたのだが、結果的には中磯灯台をカメラに納めることとなった。

Ubuyuoki2ちょうど大きな平坦な岩があり、そこに登ってカメラを構えて、昇竜のように見える雲を背景に何枚か写真を撮った。この場所からだと、一つ南側の入り江にある、産湯の町まで見ることが出来る。20分ほどかけてたどり着いたと書いたが、この場所は散歩気分で来られる場所ではなく、もちろんこの時私以外には誰も居なかった。産湯埼に灯台が存在しなかった残念さは既に薄れ始め、中磯灯台に陸地からこんなに近づけたことに感動し、同時にやってきた自分を少しだけ誇らしく感じていた。正面右手には、その名前も印象的な「辛子埼」が見え、人生にスパイスを与えてくれそうだ(写真右下)。更に右Ubuyuoki5 後方に「火葬場」のあった比井の町、左後方に「産湯」と、まさに人生の真ん中にいる様な気分だと、苦笑しながらも考えてしまった。

戻る途中に、岩場からもう一度中磯灯台を見ると、その向こうに昇竜の様に見えていたその姿が、先ほどよりも、より上空に舞い上がりそうになっていた(写真左下)。

|

« 小良ケ浜灯台(福島県) | トップページ | またまた野間埼灯台-3- »

コメント

以前コメントした四丁目です。
近いうちに紀伊半島を巡りたいと思っています。
産湯埼中磯灯台にも寄る予定です。
そこで一つ教えてください。
三枚目の写真の撮影レンズを教えてください。
自分は300㎜を持っていくつもりですが、届かないようでしたらテレコンバーターを購入しようと思っています。

投稿: 四丁目の夕日 | 2008年11月19日 (水) 08時42分

四丁目の夕日さん。コメントありがとうございます。
私もこの時、手持ち用のレンズでしたので、
TAMRONの28-300mmで撮影しています。
但し、ブログに掲載した写真は、拡大しています。
三脚固定で、400あるともっとクリアーかもしれません。
また良い写真が撮れましたら、見せてくださいネ

投稿: ヒデ先生 | 2008年11月19日 (水) 11時48分

ありがとうございました。
参考にさせて頂きます。

投稿: 4丁目の夕日 | 2008年11月20日 (木) 11時13分

こちらではおひさです~。
産湯埼灯台は無かったですか…
とすれば結構地図は当てにならないものですよね。
改めて手持ちの10年ほど前のイラスト釣りマップを確認したのですが載ってませんでした。って事は相当前に廃止されたんですね。
余談ですが、イラスト釣りマップは結構使えますよ。見かけたら手に入れるのもよろしいかと。

投稿: 玉助 | 2008年11月24日 (月) 16時59分

玉助さん、コメントありがとうございます。
玉助さんにも見ていただけると光栄です。
釈迦に説法かも知れませんが・・・coldsweats01
イラストマップの件了解です。いつもは国土地理院
の地図を見るのですが、前にも行ったら無かったって
経験があります。

投稿: ヒデ先生 | 2008年11月24日 (月) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小良ケ浜灯台(福島県) | トップページ | またまた野間埼灯台-3- »