« またまた野間埼灯台-3- | トップページ | 安房埼灯台(神奈川県) »

2008年11月26日 (水)

能登赤埼灯台(石川県)

Botantoudai 能登の灯台は、ゆっくりと回りたいと願いつつも、いつも慌ただしく訪ねる。今回記Notoakasaki5 事にした能登赤埼灯台(写真右上)も、時間的余裕が少なく慌ただしく訪ねてしまった。蒸し暑い初秋の日曜日、前日土曜の夕方遅くに能登に着いたのだが、日曜夕には自宅に戻る必要があり、時間的に午前中の限られた時間しか能登の灯台を巡ることが出来ず、ここ能登赤埼灯台の後、帰路についたのである。

Notoakasakichizu6_2能登赤埼灯台の初灯は比較的新しく昭和41年である。赤埼と言われる由縁の如く、赤い岩の上に立つ灯台である。近づいて灯台のみを眺めると、少しスリムで弱そうなイメージを抱くが、離れて全貌を見ると、富山湾に突き出た(地図左上)、赤い岩の上に立つ姿から勇ましさや力強さを感じる(写真右中と左中)。灯台の灯塔部分は、波風による浸食のため、壁がはがれている部分もある。

この日蒸し暑さだけでなく、雲も多かったのであるが、前日まで雨が続いていたらしく、宿のNotoakasaki4 人からは、「良い天気で良かったですね」と言われた。直前に訪ねた穴水灯台では、雲を背景に灯台を見る形となり、決して天気が良いとは感じられなかったのだが、ここ赤埼では、青空も背景に見え、赤い岩も映えて見ることが出来、良い天気なんだと意識した。

Notoakasaki3 実は赤埼の南側の城ケ埼に灯台があるはずなのであるが、時間を気にして巡ったためなのか、訪ねたときに灯台を見つけることが出来なかった。それでも出来る限り海岸線に沿って歩いたのだが、見つからなかった。仕方なく諦めて赤埼へ向かう途中で車の給油をし、そこの主人に城ケ埼灯台を尋ねてみたのだが、主人もその存在を知らなかった。しかし赤埼灯台のことはよく知っている様で、道や周囲の状況など事細かに説明してくれた。(私としては、城ケ埼灯台の存在を確認したかっただけなのであるが・・・)Notoakasaki2

赤埼周辺は、ちょっとした公園となっていて、この日も数台の車が止まり、デイキャンプを楽 しんだり、海遊びをする家族連れがいた。私が灯台に近づいて赤い岩の上を渡り歩いているときも、近くにかわいらしい女の子とおじいちゃんと思われる二人が、岩の間にいる生き物を捕まえたりして楽しんでいた。しかし、灯台に続くコンクリートの道より右手の岩の浅瀬には、ゴミも多く見られ、少し残念であった(写真右下)。

Notoakasaki1 それにしても能登をゆっくり巡る機会が持てない。日帰りが可能な距離であるが故に、無理をするからなのだろう。もう一度振り返り灯台を眺めると、その向こうに能登半島の先端部分の東側海岸線が続く(写真左下)。次回は、ぐるっと巡って西側の海岸線までのんびり訪ねられる日をなんとか作りたいと考えながら赤埼を後にした。

|

« またまた野間埼灯台-3- | トップページ | 安房埼灯台(神奈川県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« またまた野間埼灯台-3- | トップページ | 安房埼灯台(神奈川県) »