« 磯埼灯台(茨城県) | トップページ | 飯岡灯台(千葉県) »

2008年12月31日 (水)

三木埼灯台への道(三重県)

Botanway_2   2008年、最後の記事を何にするかで悩んだが、久しぶりに灯台への道(行程)をまとめてみることにした。私の住む三重県は、Mikisaki2 南北に長く、志摩半島を越えて南への道は限られてくるのだが、今回紹介する三木埼灯台(写真右上)は、気象番組などで度々紹介される尾鷲のもう少し南にある。しかし、そうわかっていてもたどり着くためには、複雑な道を通り、更に約30分程の山歩きが必要である。今回は、当初の目的に沿って、灯台までの道を中心にまとめてみた。三木埼灯台については、既にブログ記事としてまとめてあるので、そちらを参照していただきたい。

Waymikisaki4 42号線熊野街道を南下して尾鷲市街を通過し、311号線へ左折して入る。注意が必要なのは、311号線への左折より手前に鉄道と同じように海に沿って左折する道があり、それは桃頭島や久木埼へ続く道であり遠回りをすることになる。311号線を左折したら三木浦町を目指して進む(地図左上:MapFanより)。一山越えると、海が見えてくるが、そこは九木港や九木埼灯台へ向かう道である。鉄道の九鬼駅もここにある。そこを過ぎると、まもなく三木浦トンネルにつながる。しかしトンWaymikisaki2ネルには入らず、その手前で分岐する旧道に入り、山間部を進む(地図右二番目:国土地 理院より)。私も訪ねるまでは、もっと細く不便な道を思い描いていたのだが、道幅も問題なく、案外苦労しない。この旧道を走る途中で左折して更に三木埼に向かって細い道に入るが、まだ十分車で行くことが出来る。

Waymikisaki5 三木埼への徒歩での入り口となるポイントには左手に小さな案内板もあるが、右手に広がる開拓された広場が目印となる。ちょうどその周辺は車を停めることも可能である。案内板の場所から徒歩で山に入る(写真左二番目)。まず上り坂が続くが、石段が整備されており少々きつい登りだが、最初と言うこともあり軽快Waymikisaki6 に登れる。また木々の間から洩れる光がコントラストの効いた景色を演出してくれるので、歩いていて楽しく感じた(写真右三番目)。

登り切ると、そこからが山歩きと言った感じだが、道も整Waymikisaki8備されていて迷うことはない。崖に面し た歩道には柵も設けられており(写真左三番目)、気持ちよく山歩きが楽しめる。しばらく進んでいくと、両側にシダ類が覆い茂った道を通る(写真右四番目:今回から灯台への道のタイトル写真にも利用するくらい、私としてはこの場所が気に入った)。この場所はかなり灯台に近づいたWaymikisaki10場所である。

等高線の入った地図(左四番目地図:国土地理院参照)を見るとわかるが、最 初の登り以外は、直線的に山を登ると言った箇所はほとんどない。分岐点も終盤にあるが、案内表示もあり迷わずにたどり着ける(写Waymikisaki3真右5番目)。ただ、この時は灯台近くの道が崖崩れでも生じたのだろうが、本来なら道を下って、灯台を仰ぐように門に達するのだが、道が崩落していて、少し高い位置(灯台の裏手)から入る形となった。立派な門があるのだ が、当然周辺は荒れていて残念であった。

三木埼灯台への行程で、唯一迷ったのが帰り道である。と言っても問題なかったのであるWaymikisaki9が、来るときの案内で迷わず通過した分岐点を反対方向から見ると(写真左五番目)、少し悩んでしまったのである。ちょうど木々に囲まれた場所で、一休みするにも良いポイントなので、私は地図を確認しつつ、しばらく自然を味わってから残りの帰路につき、無事車までたどり着いた。

Waymikisaki11 後日灯台巡りの大先輩から聞いたのだが、この周辺でも熊は出るそうです。私は灯台巡りで山道を歩くため、いつも熊鈴も着けていましたが、以前熊の恐怖に悩まされた箇所もあり(こちら参照)、少し後から怖く感じました。みなさんも夏の後半から秋に行かれる場合は注意して下さい。

三木埼灯台は、主に東方面の海上に向かって光りを放っており、大晦日の今日、この記事をまとめながら、元日の朝ここから初日の出を見るのもいいな・・・などと考えていました。(尚、前の灯台の記事を含め、三木崎灯台を三木埼灯台と書いていました。今から全て訂正も大変なので、この場を借りて訂正とお詫びを)

|

« 磯埼灯台(茨城県) | トップページ | 飯岡灯台(千葉県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 磯埼灯台(茨城県) | トップページ | 飯岡灯台(千葉県) »