« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月20日 (金)

観音崎灯台(神奈川県)

Botantoudai観音崎灯台は、我が国初の近代洋式灯台としてあまりにも有名であるが、首都圏に住んでいない私にとって、その存在はけっして特別ではなかった。むしろ地元伊Kannonsaki6勢湾への侵入口となる伊良湖岬や神島灯台の方が、その重要性を認識できて、特別な印象を抱いていた。しかし、今回都内から足を伸ばして東京湾の入り口となる三浦半島を訪ね、幕末からの日本の玄関としての観音崎を意識すると、やはり特別な想いが強くこみ上げてきた。今回は、そんな灯台好きには外せることの出来ない観音崎灯台(写真右上)を、少し長くなるがまとめてみることにする。

Kannonsakichizu8 2008年秋の早朝に都内を出発し、京急電車に飛び乗り北久里浜まで行き、そこでレンタカーを借りて、三浦半島の灯台4基を巡った。最初に訪ねたのが、観音崎である。何カ所か駐車場があるが、どこが灯台に近いのか下調べが不十分な状態で到着し、より南東にある駐車場に車を停めて(地図左上:MapFanより)、カメラリュックを背負って観音崎の散策を始めた。すがすがしい秋晴れで、気持ちよく海岸線を行くと、Kannonsaki1 ススキの穂が揺れ、秋の日差しが海上でキラキラと光る光景に早くも足を止めた(写真右二番目)。やがて砲台跡などが残る道に入り、史跡の案内にも目を配り、観音崎を味わいながら灯台を目指した。しばらく進むと、分岐点があり、観音崎灯台と言う名前も見えた。ところが、どうしてKannonsaki2 なのか、(△印が左上を向いていたためか・・:写真左二番目)私は左手の登り坂に入ってしまったのである。後で案内をよく見ると、70mとあり、普通は右手に進むはずである。しかしこの時は疑うこともなく進み続けてしまった。結構Kannonsaki3急な坂道もあり、それでも進み続けると、やがて海上交通センターに出る。しかし、この近辺に観音崎灯台の案内などないため、私は更にそのまま道を進んだ。やがて海上交通センターの塔が正面に見える(写真右三番目)坂道にさしかかり、ここまで来て初めて海から離れていることに気づいた。しかし今来た道を戻るのも悔しい。どうせなら観音崎を極めてやろうと考え、結局そのままぐるっと一周する形で、元歩いた道まで進み続け、案内表示の箇所まで行くと、今度は右手に進み、近くて遠かった観音崎灯台にようやく到着することができた。早朝に着いていたはずが、結局灯台の拝観時間ちょうどとなっていた。

Kannonsaki5 既に5~6名の観光客が灯台を見上げたり、受付のおばさんと話をしていた。私も歴史ある灯台の説明を読みながら敷地に足を踏み入れ、いろんな角度から灯台を見上げた。灯台の後方のスペースは狭く、なかなか海を入れての撮影は難しかしい(写真左三番目)。そんな私を見ていたのであろう、掃除をされているおばさんが、声をかけて来てくれた。咳き込まれることがしばしばあり、私は職業柄、咳と共に聞こえる喘鳴が気になった。おばさんは、これまでにプロのカメラマンが、どのポイントから灯台を撮影されたかなどを教えてくれ、最後に掃Kannonsaki4除の手を止めて、受付まで私を連れて行き、一枚の写真を見せた。おばさんは、その写真が一番気に入っているのだと話してくれた。それは、私が先ほど歩き回った崎の更に高く頂上に近 い所から灯台を見下ろして撮影された物であった。これを今から真似て撮るためには、山歩きだけでなく木登りも必要になりそうであり、同じ場所からの撮影はあきらめることにし、おばさんにお礼を述べて、限られた範囲で撮影を続けた。

灯台に登ると、秋空に輝く海原が広がり、左手には、先ほどさまよい歩いた海上交通センター方面の地形も確認できた。投光器(写真右下)も間近で見ることができる。右手を見ると、崎によって駐車場の方面の景色は遮られていた。『帰りは、この崎の海際を歩いて観Kannonsaki7 音埼を満喫して車に戻ろう』と考えてしまったことが、再び遠回りをすることにつながり、その結果予定以上に観音崎で過ごしてしまい、後で訪ねた剱埼灯台城ヶ島灯台、そして安房崎灯台で慌てることになるのだが、この時は、眩しく輝く海を見つめ素直にそう思った。

日本という自分が住む国にとって、歴史有るこの灯台は、やはり特別なものなのだと感じつつ、一生懸命に掃除を続けているおばさんに、もう一度挨拶をしてから灯台を後にした(写真左下)。

| | コメント (6)

2009年2月10日 (火)

掛塚灯台-2-(静岡県)

Botantoudai今回記事にする掛塚灯台は、随分以前に一度紹介している(こちら)。前回訪ねた2_2のは、鰻が食べたいと思い、早朝から浜松にある舞阪灯台を訪ね、その後鰻屋の開店まで時間が空いたので、その間ついでにと言った形で掛塚灯台を訪れたのだ。しかしその時、 青空を背景にそびえる掛塚灯台に魅せられ、今度来るときはゆっくりと灯台を味わう訪問をしようと考え、今回再訪問がかなったのである。と書いたが、この時もしっかりと夕食に鰻を食べて帰ったと言う点では同じであるが・・・。

Kaketuka2chizu6掛塚灯台については、前回のブログにも書いたので省略するが、その歴史は古く、何度と移転されて今の場所に立っている。前回訪ねた時、抜けるような青空の下、少しだけ丘になった上に立つ灯台の姿に感動した。灯台の東側から海を入れて写した写真(写真右上:前回訪問時撮影)は、今でもお気に入りである。その写真と同じアングルで夕暮れ時に訪ねてみたKaketuka21 いと感じて、この日は日没間近に訪ねることにした。

掛塚灯台は、竜洋海洋公園の海側に立ち、西には天竜川の河口が広がっている(地図左上:MapFanより-赤い点が灯台)。周囲は平坦で海岸線に沿った道路から、少しだけ盛り上がった小さな丘の上に立つ灯台の姿がなんとも印象的である。しかし、実際にもっと目立つのが風力発電の風車である。灯台近くの北東に立っており、そのKaketuka23 姿はかなり遠方からでも確認できる。この日、まずは海洋公園側から少し離れて灯台を眺めた。夕暮れが迫る茜色の空を背景に風車が大きく機械的なシルエットを見せ、その左手に灯台の姿がかわいらしく写った。風車同様シルエットとして見えるのだが、わずかに灯塔が夕焼け色に染まっている事に気づき、妙に嬉しく感じた(写真右中)。

その後海岸線の道路に廻った。前回訪問したときよりも道路が整備され、Kaketuka22所々に対向スペースが作られ、車での進入も問題ない。ちょうど陽が沈むところだったが、残念ながら西の空に低い雲があり、ぼやけてしまっていた(写真左中)。そして夕焼けから頭上の青空に続くグラデュエーションは、少し赤みが弱いような気もする。しかし既に灯台が点灯されていて、シルエットの中ほのかな明かりを放っている姿は夕焼けが今ひとつと感じた気持ちをかき消してくれた。近づ いて行くと風力発電の音が聞こえた。けっして大きな音ではないが、波打ち際まで遠いためか、耳によく届いた。そうしている間にもどんどん周囲は暗くなり、やKaketuka25がて夕日は見えなくなっていた。前回と同じアングルでの撮影を行ったが、頭に描いていたような夕焼け時の写真とはならなかった(写真右下)。しかし、この日、この時の掛塚灯台を独り占めしている気分になり、しばらくの間、灯台の周囲をうろついて過ごした(写真左下)。その後はお気に入りの鰻屋に立ち寄り、家族へのおみやげの鰻弁当も入手して、良い気分で帰路についた。

| | コメント (4)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »