« 女子鼻灯台(愛媛県) | トップページ | 灯台での夜明けを迎えて・・・ »

2009年4月26日 (日)

来島梶取鼻灯台(愛媛県)

Botantoudai私は、親族が高知県に住む関係で、瀬戸大橋や鳴門大橋を使って四国に入るKijimakajitorihana2_2 ことが多いのだが、今回は愛媛を訪ねると言うことで、初めて「しまなみ街道」を渡った。夕暮れ迫る島々を結ぶ橋を渡りながら(写真左上)進んでいくと、他の二つの本四大橋とは異なる性格の道であることが感じられ、街道と名前が付いている事にも納得であった。もし陸続きであれば、こうやって街から街へと道は延びていたのかもしれない。

今回紹介する来島梶取鼻灯台(写真右上)は、来島と言う名が付いているが、来島海峡から離れ、西側の七五三ヶ浦近くに立つ(地図右 中:MapFanより-地図上白 灯台となっている)。しまなみ街道を渡りKijimakajitorihana1四国に入ったのが、午後5時過ぎで、そのまま来島梶取鼻灯台を目指した。既に日は低く、春の霞んだ空を朱色に染めていたが、山間に入ると薄暗い。更に灯台に続く道は入り組みカーブが続き、舗装はされているがかなり狭い。うす暗い道を慎重に進んだが、対向車どころか一台の車を見ることもなかった。やがて道は灯台に続くと思われる少し広 い場所で行き止まりとなった。いつものようにカメラリュックを背負って準備を始めたのだが、まったく人の気配を感じることもなく、念のため護身用を兼ねて登山用の杖を持参することにした。Kijimakajitorihanachizu5_2

灯台までの道は、予想以上に整っているのだろうが、うす暗い(写真左下)ためか落ち着かない。『ガサッ』と言う枯れ葉の音がすると、異様に警戒してしまう。こう言った埼や岬の奥に踏み込んだことは何度もあるのだが、やはり薄暗さが神経を過敏にしているようだ。数分で灯台の立つ広場に出るが、ここだけはぽっかりと空が見えるため、まだ他に比べて明るかった(写真右下)。灯台はよく見る形なのだが、下段と上段の二つのリングがアクセントになっていて、比較的大きく感じられる。

Kijimakajitorihana4 四国愛媛に入って最初に訪ねた灯台であるが、既に黄昏時でのんびりと味わうと言う余裕はなかった。いや素直に言えば、薄暗く不気味で、どことなく怖さを感じて長居したくなかったのが本音かもしれない。10分ほどの滞在で今宵の宿泊先である今治市内に向けて移動することにした。

より暗くなった狭い道をヘッドライトを点灯させて移動したのだが、それでもまだ周囲の景色は確認することができた。ゆっくりと車を進めていると、初めて一台の軽トラックとすKijimakajitorihana3れ違った。こちらが少し路肩によって通り過ぎたのだが、その時運転するおじさんが軽く手を挙げてくれたのが見えた。その動作と言うよりも、おじさんの存在に安堵感を覚えた気がする。何となく気持ちが軽くなり、そのまま車を進めると、来るときには気づかなかった南西側の海岸沿いにある小さな砂浜が見えた。陸続きからでは見ることの出来ない小さな浜辺が、まるでプライベートビーチの様にも見えて魅力的に感じた。『誰もいないあの海岸で、のんびり出来たら気持ちいいだろうな~』などと、先ほどまでの小心者の自分から一変していた。

|

« 女子鼻灯台(愛媛県) | トップページ | 灯台での夜明けを迎えて・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女子鼻灯台(愛媛県) | トップページ | 灯台での夜明けを迎えて・・・ »