« 猿山岬灯台(石川県) | トップページ | 立石岬灯台での夕日(福井県) »

2009年5月31日 (日)

伊豆網代灯台(静岡県)

Botantoudai5月の中頃過ぎに、箱根から熱海へと旅をする機会を持ち、最終日に伊豆の灯台を数カ所巡ることができた。熱海は静岡県であり、当然のように東海地方のカテゴリーに入れているが、明らかに関東圏の色合いが強い。湘南ナンバーの車も多く、子供っぽいIzuajiro2がTVのチャンネルも関東圏である。特に今回のように箱根方面から移動するとそう感じるのかもしれない。その熱海中心部から南に下った網代港の東側、朝日山の斜面に今回紹介する伊豆網代灯台(写真右上)は立っている。

Izuajirochizu5伊豆半島は、私の住む地から日帰りで訪ねるのは少しきつい。今回伊豆箱根への職員旅行があり、その最終日の自由行動を利用して初島の灯台を訪ねる計画だった。しかし当日の朝、うっすらと雲が覆う空を見て急遽東伊豆の灯台を巡ることに変更したのである。お昼頃から青空となり初島への未練も浮かんだが、どの灯台でも青空が良いに決まっている。初島へは、いつの日か晴れた日に渡れることを願うことにした。

網代灯台は、熱海から135号線を走って南下してもその姿は見ることができない(地図 左上:国土地理院より)。地 図にもあるように、新旧のトンネルが朝日山を貫いており、灯台はそのトンネIzuajiro4ルの外に立っているからである。灯台に行くためには、立岩トンネル南側を抜けた直後の海側左手の敷地に入って行く(写真右中)。そこを、ちょうどトンネルの中程辺りまで進むと灯台がある。灯台の正面海上には初島が見える。この時は、まだ薄雲がかかっていて遠くに感じたが、初夏っぽい青空となった午後からは、すぐ近 くに感じられた。

Izuajiro3朝日山と名が付いていてもそのまま海につながる岬であり、その斜面に立つ灯台周辺の敷地は狭く、奥行きは無いに等しい。従って灯台の両側からしか写真は撮れない。更に南の空はより雲が多く、霞んでいる上に逆光である。晴れていれば初島を入れて写真を狙いたいところであるが、灯台の写真だけで諦めた(写真右上)。灯台の足元は、緑に覆われてはいるが、そのまま崖であり40メートルほどの高さである。ちょうど灯台の下に岩礁が見える。確認は出来なかったが、立岩トンネルと名が付く立岩は、灯台直下にある岩の名前であると思われた(写真左下)。Izuajiro1

薄雲が覆い、所々に青空があるような天気の中伊豆網代灯台を訪ね、熱海方面を背景にした写真も(写真右下)すっきりしなかった。この後天気はどんどん良くなり、お昼頃には初夏を思わせる青空となった。もう少し後で訪ねれば異なった雰囲気を味わえ、初島との位置関係もカメラに納めることが出来たかも知れない。しかし雨に降られることもなく訪ねられたことに感謝して、願わくば次回初島を晴天の中訪ね、ぜひこの灯台を望遠レンズで確認したいと思った。

|

« 猿山岬灯台(石川県) | トップページ | 立石岬灯台での夕日(福井県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猿山岬灯台(石川県) | トップページ | 立石岬灯台での夕日(福井県) »