« 門脇埼灯台(静岡県) | トップページ | 波妻ノ鼻灯台(愛媛県) »

2009年7月31日 (金)

その灯台が似合う季節

Botanomake_2梅雨がなかなか明けてくれないこの夏。いつもなら休日には、夏の日差しに反応して車を飛ばし、とりあえず海へ向かうのであるが、今年はまだそう言った状況にならない。必然的に記事になるような灯台訪問も少なく、ブログネタも少なくなってきたため、今回はおまけ話として、その灯台が似合うであろう季節について考えてみることにした。

インターネットのおかげで、多くの灯台巡りの先輩方や新たに灯台に興味を持たれた方々とOragahama2 意見交換が出来るようになった。日本に四季がある以上、訪ねる季節によっても灯台やその風景は当然異なる。更に当日の天気の影響も大きい。意見交換や書き込み記事などを読ませていただくと、それぞれが異なった状況で灯台を訪ね、それぞれの印象を持っていることがよくわかる。その時の条件に満足され、その感動に支配されている方もみえれば、自分が訪ねた時の感動と違った情景を思い描いて更なる憧れを抱く方もみえ、そのとらえ方は実に様々である。

私が大雨の中で昨年夏に訪ねた福島県の小良ヶ浜灯台(写真右上)は、もっと良い条件で訪ねれば、全く異なった感動を与えてくれたに違いない。しかしブログにも書いたが、生涯にこの灯台をもう一度訪ねることはないだろう。そして改めて異なった条件を求めて再訪問しようとも思わない。大雨の中訪ねたことこそが、私と小良ヶ浜灯台との出会いであるなら、それを受け入れるべきだと思うからである。

Tappimisaki11先日、灯台巡りの先輩が雨の中で灯台を巡り、旅先からの書き込みで『ありのままの灯台』と言う言葉を強調されていた。その言葉を聞かずとも、言わんとすることはよくわかった。多くの灯台をあらゆる条件の中巡ってきた者になら、自分が訪ねた時の灯台やその風景を受け入れることの意味、そしてその大切さは十分に理解できる。

と、ここまで書いておいて、それでもその灯台が似合う季節という物を考えてみたくなる。私は、青森県の竜飛埼灯台(写真左)を真夏の快晴の時に訪ねたのであるが、爽やかな青空を背景に白い灯台がどれだけ映えていても、私の中に冬のその姿を求める気持ちがあった。そして灯台巡りの先輩の一人が公開されている冬の竜飛埼の写真を見て、改めてもう一度訪ねたいとも思った(こちらのアドレスから”岬巡り”のHPにアクセスして龍飛崎をクリックして是非一度見て下さい)。逆に、どれだけ素敵な写真を掲載されて感動を書き込まれていても、それを受け入れられないこともある。

結局のところ、訪ねる以前からその灯台やその地方に何らかの知識を持っていたり、思い込みがあったりする場合には、自分の中で既に形作られたイメージがその灯台に似合う季節を決める要因になっているのかも知れない。竜飛埼はTakanosaki6、私の中では冬なのであろう。それに対して竜飛埼からほんの数キロしか離れていない高野埼灯台(写真右下)は、何の前知識も持たなかった私の中では、私が訪ねた夏こそがベストマッチなのである。

蛇足になるが、灯台に興味のない方が、たまたま灯台を訪ねて見事な青空と海と白亜の灯台のコントラストに感動されて書き込みをされたとしても、その感動を否定はしないが、その記事には興味を覚えない。しかし、多くの灯台を巡られてきた先輩方が、あいにくの天気であったとしても巡られた灯台について語られたなら耳を傾け、その情景を想像してしまう。

|

« 門脇埼灯台(静岡県) | トップページ | 波妻ノ鼻灯台(愛媛県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 門脇埼灯台(静岡県) | トップページ | 波妻ノ鼻灯台(愛媛県) »