« 入埼灯台(新潟県佐渡) | トップページ | 佐渡長手岬灯台(新潟県) »

2009年9月29日 (火)

禄剛埼灯台(石川県)

Botantoudai今回は、能登半島の灯台として最も有名であろう禄剛埼灯台(写真右上)を紹介Rokkousaki5_2 する事にした。能登の灯台巡りでは、比較的大型の猿山岬灯台でさえ誰とも出会わなかった。しかしここ禄剛埼灯台だけは多くの観光客がいて、知名度の高さを改めて感じた。加えて禄剛埼灯台は、明治16年初灯と言う歴史有る灯台である。私は、観光地となっている様な有名な灯台を訪ねるときは、以前野島埼灯台を訪ねた時の経験から少し身構えてしまうことが多い(理由は野島埼灯台のブログ参照)。しかし朝から徐々に厚くなる曇を気に掛けていたために、かえって身構えることなく気楽に訪ねることが出来た気がすRokkousaki4 る。もちろん青空が、まったく無くなっていたことは残念であったのだが。

広い駐車場から、禄剛埼へ続く道を登っていくと、途中私の好きなオオデマリ(写真左上)が咲いている。曇り空であるからこそ緑とのコントラストが魅力的に感じられて、カメラを向けていると、御年配の方々がガイドさんの旗に連なって登ってきた。そして一人の女性が立ち止まって私と同じ様に、オオデマリにカメラを向Rokkousaki1けた。なんだか急に照れくさく感じて、灯台へ進むことにした。

灯台周辺には大勢の観光客の姿があった。気に入った構図で灯台を狙いたいのだが、なかなか人の姿が写らないタイミングが訪れない。一枚の写真を撮るのにかなりの時間がかかりそうなので、目立たない程度の人の姿はあきらめることにした(写真右中)。灯台は力強く、立派なのだが、個人的に欲を言えば、Rokkousaki6ヶ岬灯台くらい土台の部分が立派でも良いようにも思えた。とは言え、こう言った大型灯台の姿は灯塔の高い灯台よりも私個人は好きである。もちろん、好き嫌いの問 題ではなく、その設置場所や水面高の問題であることはわかっているのであるが・・・。

灯台のちょうど真裏が本来の灯台の入り口に当たるらしく、名前が刻まれた門が構えていたRokkousaki2(写真左中)。もしこちら側から訪ねていれば、後ろ姿を初めに見るわけであり、きっと兵庫県の江崎灯台や和歌山県の日ノ御埼灯台に似ていると感じたに違いない。しかし既に正面の姿を見てしまった私には、その照射灯の大きさからも、やはり異なった灯台として記憶されたことは間違いなかった。

それにしても曇り空は残念だ。曇り空のおかげで身構えずに訪ねることが出来たと言っても、写真を撮るのなら、やはり青空が欲しいところである。曇り空では水平線が何とも言えずRokkousaki3物足らない。そう思いながら海を背景にカメラを向け、夜をイメ ージして薄目をつむってみると、海と空の区別がなくなった(写真右下)。考えてみれば、夜には海と空の区別などつかないのである。そして照射灯から放たれた光は真っ直ぐに海上の船に届いているのだ。わかっていたことではあるが、そんな事を納得しながら再びカメラを灯台に向け、シャッターを切った(写真左下)。

|

« 入埼灯台(新潟県佐渡) | トップページ | 佐渡長手岬灯台(新潟県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 入埼灯台(新潟県佐渡) | トップページ | 佐渡長手岬灯台(新潟県) »