« 弾埼灯台(新潟県佐渡) | トップページ | 佐渡大埼灯台(新潟県) »

2009年10月25日 (日)

鴻ノ瀬鼻灯台(新潟県佐渡)

Botantoudai 佐渡に海路で渡る場合、新潟県の直江津港と新潟港から佐渡汽船によるフェリーSadokounosehana3 がある。東海地方から目指した自分は、土曜の午後に、中央道→長野道→上越道を走り夜に直江津に着いて、一泊して翌日曜の朝9時半に直江津港発のフェリーを利用して佐渡に渡った。直江津からのフェリーは佐渡の南西にある小木港に着く。ちなみに新潟港からのフェリーは両津港に着く。佐渡の小木港に着岸後、海岸沿いを東に向かって、今回紹介する鴻ノ瀬鼻灯台(写真右上)を目指し始めたのは、午後1時頃であった。

Sadokounosehanachizu6 フェリーから降り立った車は、放たれた鳥のように次々と目的地に向かって走り出す。しかし、ほとんどの車が左折して350号線に入って行くのに対して、右折して45号線に入ったのは、私をはじめほんの数台であった(地図左上:MapFanより)。この時はまだ佐渡の地理を把握できていなかった事もあるが、小木港から東に向かう道沿いには、大きな観光地や集落はなく、道も整備が及んでいない箇所もある。しかも、昼食を摂っていなかった自分は、コンビニとまでは言わないが、ちょっとした食べ物を求めて店を探したのだが、そう言った店はまったくなかった。更にこの日は日曜日。ガソリンは3/4程残っているのだが、見つけた小さなガソリンスタンドも全て閉じている。(佐渡のGSは日曜日は全て休業です。土曜夜から日曜に渡られる方は、必ず満タンにしておくことをお薦めします。)

などと、どこか心細い中車を進めていると、Sadokounosehana1 松ヶ崎海岸に出た。ここから鴻ノ瀬鼻灯台が見える(写真右中)。車を止めて写真を撮ると、再び灯台に向かって走り出した。

ちょうど直角に曲がる道沿いに駐車場があり、そこから海側はキャンプ地として灯台周辺は開放されている。ちょうど連休と言うこともあり、灯台真下にSadokounosehana2 2張りのテント、そして左手にはデーキャンプの集団がいた。私は、まず灯台右手の浜に出て灯台を眺めた(写真左中)。フェリーからは、雲のかかった佐渡が見えていたが、今は青空が眩しい。ただ悔しいのは、空腹である。デーキャンプから漂うバーベキューの香りが空きっ腹に応えた。

正面に廻ると、海岸は砂浜ではなく、砂利で続いてる(写真右下)。海を背景に灯台の真裏に来ると、テントSadokounosehana4が灯台の真下にあり、写真を撮る時に少し気になる。しかしこれも風景の一つと考えテントを片付け始め ている男性と共に写真を撮った(写真左下)。デーキャンプをしているそばに近づいたためか、更に美味しいそうな匂いがたまらない。ちなみに、結局食べ物にありつけたのは、姫埼灯台を巡り終え、両津港近くにたどり着いてからで、この時から2時間以上先のことであった。

Sadokounosehana5 灯台が立つ、ここ鴻ノ瀬鼻は、越後からは最短距離の場所であり、灯台の案内表示にも、昔はここに船を着け、佐渡の国津、表玄関として、流人も多くこの地に上陸したと記してある。つまらないことであるが、空腹状態の自分は、『その昔、上陸したと人たちは、まず空腹を満たすため、ここで何か食べ物を探しただろうな・・・』などと考えていた。

|

« 弾埼灯台(新潟県佐渡) | トップページ | 佐渡大埼灯台(新潟県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 弾埼灯台(新潟県佐渡) | トップページ | 佐渡大埼灯台(新潟県) »