« 佐渡長手岬灯台(新潟県) | トップページ | 弾埼灯台(新潟県佐渡) »

2009年10月11日 (日)

大須埼灯台(宮城県)

Botantoudai 今回紹介する大須埼灯台(写真右上)には、いくつもの思い出ができた。その一つOosusaki5 が、ネット上での灯台巡りの知り合いが、ほんの数日前にここを訪ねていたと言う事実を後から知ったことである。かなり昔に、三重県の安乗埼灯台を訪ねたときに、その時はまだ知らなかった近くに住む灯台巡りの先輩と出会っていたという経験があるが、実際にそれ以降、灯台で巡っている人と出会ったことは一度もない。その意味では、時をほぼ同じくして一つの灯台を味わったのだと思うと少し感慨深い。また、私は高知県の須Oosusaki2崎市とは縁があるのだが、そのため灯台名を、須埼に大が付いた地名として大須埼と理解していたのだが、考えてみれば○○埼と同じく埼が付いた名であり、雄勝町大須であることを、訪ねてから気がついたと言うことも思い出を深くする一因である。そして何より思い出深いのは、私が灯台にいる時、掃除に訪れたご婦人が灯台の説明をはじめ、いろいろと親切に教えて下さったことだ。数日前に訪ねた知人もブログで同様Oosusaki3のことを書かれており、地元の人に愛されている灯台であるという思いが確信となり、思い出を更に深くした(写真右中:手入れの行き届いた灯台周辺)。

大須埼灯台は、仙台の北東にあり、石巻市の金華山で有名な牡鹿半島の北に位置する(地図左中:MapFanより)。今回私は北から巡ってきて、金華山や牡鹿半島を訪ねることは出来なかったのであるが、ここ大須埼からの景観を、地元の人によって手入れされている灯台の背景として眺めることができた。しかも予報では曇りだったのが、青空にも恵まれてOosusakichizu1十分にその景色を堪能した。

港の広場に車を止めて、そこから埼の上に立つ灯台を目指したのであるが、途中で女性に道を尋ねると、立ち止まって細かく親切に教えていただけた。埼に入る場所には案内板もあった。少し進み灯台の姿が見え、後方の視界が広がると、その景色も勿論であるが、灯台周辺の手入れが行き届いた状況に驚かされた。観光地化されOosusaki4ていない灯台でも、多少整備されていることはあるが、ここまで綺麗な灯台はそうはない。早速いろんな角度から灯台の写真を撮った。灯台の前方に回り込 んで写真を撮って(写真右下)灯台の敷地に戻ると、一人の女性がやって来た。すぐに声を掛けていただき、その後いろいろと灯台についてや、景観を見ながら地理や気象状況などの説明をしていただいた。港の周辺を囲ってある防波堤について(写Oosusaki6_2 真左下)の話が最も印象に残っている。灯台も地元の人たちで管理整備されているとの話であった。

半時間以上そのご婦人と立ち話を楽しんでから、十分にお礼を述べて、思い出深くなった大須埼灯台を後にすることにした。

|

« 佐渡長手岬灯台(新潟県) | トップページ | 弾埼灯台(新潟県佐渡) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 佐渡長手岬灯台(新潟県) | トップページ | 弾埼灯台(新潟県佐渡) »