« 佐渡の灯台巡り(行程) | トップページ | 使えない夜明け(安乗埼灯台) »

2009年11月30日 (月)

佐渡関岬灯台

Botantoudai 何にでもそう言ったことがあると思うが、予想以上の出来事があると、素直に感動Sadosekimisaki4 してしまう。今回紹介する関岬灯台への訪問では、そう言った感動を味わった。素直に認めるが、訪ねるまで下調べはしておらず、灯台の情報どころか、外観や地形も調べてなく、全く無知の状態で訪ねたのである。それ故に、ただ立ち寄る程度のつもりで訪ねだが、その景観に素直に感動してしまった。今回は、しばらく続いている佐渡の灯台巡りの中から、そんな感動を味わった関岬灯台(写真右上)を紹介する。

関岬は佐渡の北東、以前紹介した佐渡最北端の弾埼灯台の少し南西に位置 Sadosekimisakichizu6 (地図左上:MapFanより)する。最北端の弾埼灯台に向かって進む中、関岬にも立ち寄った。冒頭にも書いたが、全く前知識なく訪ねた自分は、灯台や景観にあまり期待していなかった。総合キャンプ場として整備された関岬へは、比較的急な坂道であるが舗装道が続いていた。正面に灯台の姿が見えたが、まだ登り坂が続き、灯台を廻るように登ると、そこには広大なキャンプ地が広がり、海側の丘の上に関岬灯台が立っていた(写真右中)。Sadosekimisaki2

最初、キャンプ地の一角に車を止めて灯台に向かって歩き始めたのであるが、一本の地道が灯台向かって通じていることを知り、車に戻って、車でその細い地道を登ることにした。道は、ちょうど車幅ギリギリで、何度か木の枝が邪魔をする。が引き返せる場所もなく、ゆっくりと進むと、灯台の正面まで登ることが出来た。景観Sadosekimisaki1 を味わう前に、灯台前の敷地を利用して切り返し、まずは下り向きに車を向けて(写真左中)からゆっくりと外に出た。

『オー』と久しぶりに感嘆の声が出てしまった。灯台の向こう側には、弾埼につSadosekimisaki3ながる埼が続き、青空とうろこ雲が背景を演出してくれている(写真右上)。目を移して西側を見ると、尖閣湾に続く海岸線が美しく輝いていた(写真右下)。全く前知識なく訪ねた関岬。 そして誰一人といない(ひょっとして使用を止めているのか?)キャンプ地。だからこそ堂々と人目を気にせず車で登ってきた灯台の立つ埼。その全てが重なり、予期せぬ見事な景観にしばらく酔Sadosekimisaki5 いしれた(写真左下)。

私の中では、弾埼で味わった感動の序章とも言うべき関岬灯台の感動。忘れられない景観である。

|

« 佐渡の灯台巡り(行程) | トップページ | 使えない夜明け(安乗埼灯台) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 佐渡の灯台巡り(行程) | トップページ | 使えない夜明け(安乗埼灯台) »