« 寺浜灯台(宮城県) | トップページ | 佐渡関岬灯台 »

2009年11月22日 (日)

佐渡の灯台巡り(行程)

Botanomake ここ数回佐渡の灯台を紹介しているが、もう少し続きそうである。9月の連休を利用して渡った佐渡であり、既に2ヶ月以上経ったのであるが、私にはまだまだ記憶に新しい。今回は中休みを兼ねて、佐渡の灯台巡りを総括してまとめてみることにした。

Waysado11 休日にマイカーで佐渡の灯台を巡ることを考えた私にとって、直江津からフェリーを利用する事は最初から決まっていた。私の住む三重県から北に向かい福井県から海岸線沿いに走る北陸自動車道を利用して上越市に入るか、北東に向かい愛知県から中央自動車道、長野自動車道、そして上越自動車道と北上して上越市に入るルートのどちらを選ぶ(地図左上)かを最後まで悩んだのだが、連休初日は昼過ぎまで仕事があり、夕方以降渋滞は解消されていると知Waysado1 り、少しでも距離が短い愛知県経由を選んだ。新潟県に入り、黒姫山近くのパーキングに立ち寄ると、Tシャツ姿と言う軽装の私には肌寒く、北陸を意識させられた。直江津の宿に着いたのが午後8時頃。コンビニ弁当で済ませて床についた。

Waysado3 翌朝直江津港には8時頃に着いたのだが、既に多くの利用客が車を並べていた。受付を済ませ、しばらく周辺を散策した後、車内で待つこと30分。ようやく乗船が始まったのだが二階の最後尾、つまり下船時の最後となってしまった。(写真右上)直江津港を9時半に出航後しばらくデッキで景色を楽しんでいたが、海鳥が餌を求めて付いてくる。乗客の投げる餌を空中で器用にキャッチする光景を楽しんだ。

およそ2時間ほどで佐渡に近づいた。デッキから佐渡を見ると、フェリー頭上から佐渡にWaysado0 かけて黒い雲がつながっていて、天気が良いのかどうか少し不安に感じた(写真左二番目)。小木港に着くと予想した通り下船は、ほぼ最後であった。既にほとんどの車は目的地へと散っていて、私の後方を走る車は少ない上に、分岐の交差点で、小木港から海岸に沿って東に向かうルートへ左折したのは私だけだった(地図右二番目)。

Waysado4 最初に訪ねたのが鴻ノ瀬鼻灯台である。昼食を摂らずに巡っていた自分は、次に訪ねた城ヶ鼻灯台(写真左三番目)では、灯台を遠景から楽しむだけになってしまった。しかし、その後もコンビニどころか、食べ物を売っている様な店もなく、空腹のままで、日本最古の鉄製灯台として世界灯台100選にも選ばれ、楽しみにしWaysado5 ていた姫埼灯台(写真右三番目)に着いた。フェリーで心配していた天気は、見事な快晴で、空腹を忘れてゆっくりと味わった。その後両津港まで出ると、町並みも賑やかになり、西に向かう佐渡の中心街で、おやつ代わりに昼食を摂った。そのまま西の海岸に出て台ヶ鼻灯台を訪ねた。畑仕事をしている老婆に灯台を尋ねると、わざわざ一緒に付いて来て案内していただいた。

Waysado8 初日最後は、宿泊地としている長手岬灯台を訪ねた。夕焼けを楽しみに日没1時間半前に宿に着き、ゆっくりと夕焼けを楽しんだ。翌日は長手岬から海岸に沿って北東に進み、映画『君の名は』で有名な尖閣湾の佐渡大埼灯台入埼灯台などを訪ねた。ちょうど佐渡は稲の刈り入れ時期で、黄金色に輝く稲田がきれいだった(写真左四番目)。その後、誰一人いない広大なキャンプ地の埼に立ち、細い道を灯台のすぐ近くまで車を乗り入れて訪ねた関岬灯台(写真右四番目:関Waysado7 岬から西を見た風景)などを巡って、最北端の弾埼灯台を訪ねた。その後、南下して昨日と同じく両津港を経由して西側に出てから、小木港近くを通り、佐渡最西端、草原に立つ灯台としても有名な沢埼灯台(写真左五番目)を巡り、目的としていた灯台巡りを終えた。

Waysado9 時間が余ったので、その後佐渡スカイラインを走り、佐渡で最も高い妙見山に登り、佐渡全体を眺め、施設には入らなかったが金山跡などを見て宿に戻った。最終日は、ゆっくり休み、10時前に宿を出て、フェリーを待った(写真右五番目)。12時半出航で直江津に着いたのは午後3時。その後はただ帰路を進むだけであった。予想通り高速の渋滞情報Waysado10はどこも凄く、日本海沿いに西に向かう北陸自動車道経由を選んだ。結果的に選択は間 違っていなかったのであるが、それでも自宅に着いたのは、もうすぐ日付けが変わるという時間であった。

|

« 寺浜灯台(宮城県) | トップページ | 佐渡関岬灯台 »

コメント

ご無沙汰しております。
おお、佐渡の灯台ですか。秘境という感じですねぇ。
私も久々に南房総灯台巡りサイクリングをしてまいりました。
感動の一日でした。

投稿: | 2009年11月28日 (土) 01時46分

樽さん、コメントありがとうございます。
南房総のサイクリングですか~。
自分も、天気が良くて、気持ちよく巡った記憶があり、
感動の一日、すごくわかりますよ!
ちょっと、ブログご無沙汰していたので、早速チェック
させていただきます。

投稿: ヒデ先生 | 2009年11月30日 (月) 07時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寺浜灯台(宮城県) | トップページ | 佐渡関岬灯台 »