« 姫埼灯台(新潟県佐渡) | トップページ | 台ヶ鼻灯台(新潟県佐渡) »

2009年12月27日 (日)

風が加わり(立馬埼灯台)

Botanomake 今年も、多くの灯台を訪ねることが出来た。年の瀬に改まって巡った灯台を思いTatsumasaki2 考えていると、こうやって灯台巡りが出来る自分、そしてそんな環境に感謝したくなる。いつまでものんびりと、灯台巡りが出来るような平和な風が吹き続けてほしいものである。

風と言えば、今年最後のブログ記事は、愛知県の立馬埼灯台(写真右上)である。ここは既にブログ記事でまとめてあり、今回は再訪問なのだが、以前とかなり景観が異なり、新しい風が加わっていたのである。紹介することにしよう。

Tatsumasaki3 前回訪ねたときは、灯台巡りのセンスというか慣れも乏しく、不法投棄されたゴミに埋もれた草むらを横切って、ここ立馬埼灯台にたどり着いた。実は海岸沿いに道があり、容易に訪ねられるのである。もちろん今回は、灯台の真ん前まで車で乗り付けたのであるが、景色を見て驚いた。以前来たときに背景にそびえていた火力発電所の煙突は、もちろん存在するのであるが、なんと反対方向の後方に風力発電の風車が回っているのである(と、大声で騒ぐようなことではないが・・・)。(写真左上と右中)Tatsumasaki4

そういえば、お気に入りの静岡県掛塚灯台の横に風力発電は以前からあったが、先日訪れたら、その数が増えていた。エコの風が風力発電をこの地にももたらしたのであろうか?太陽光発電LED燈と言う、更にエコの灯台も増えてきている。が、いずれにしても灯台に電気はかかせないのであり、その意味では、火力発電であれ風力発電であれ、その姿は灯台に似合うと私は感じている。

Tatsumasaki5 と、エコの話題が出たところで、書くのもなんであるが、立馬埼近辺は、本当に不法投棄が多く汚い。海岸に出て、風車を背景に海岸を入れて写真を狙ったのであるが、海岸もゴミだらけである(写真左中)。また海を背景にと思い、灯台の背後の草むらに足を踏み入れると、様々なゴミが捨てられている。エコの一番の課題は、モラルすら守れない人の姿勢にあるような気がすTatsumasakichizu6る。海岸線を少し南に進むと、恋路が浜で有名な伊良湖岬(地図右下:Mapfanより)であ る。伊良湖水道を照らす神島灯台伊良湖岬灯台の光が見られ、我々灯台好きにはたまらない場所であるが、その地に近く、しかも自然豊かな三河湾をうたっている地域だけに、この環境は是非とも改善したいもTatsumasaki1のである。

と、いつになく社会派的なコメントを書いてしまったが、新しい風力発電という風を十分に感じながら、久しぶりに訪ねた、冬の立馬埼灯台(写真左下)を味わった。

|

« 姫埼灯台(新潟県佐渡) | トップページ | 台ヶ鼻灯台(新潟県佐渡) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 姫埼灯台(新潟県佐渡) | トップページ | 台ヶ鼻灯台(新潟県佐渡) »