« 風が加わり(立馬埼灯台) | トップページ | コスギ鼻灯台(三重県) »

2010年1月 5日 (火)

台ヶ鼻灯台(新潟県佐渡)

Botantoudai年が明けて最初の記事は、昨年から続いている佐渡の灯台である。私が佐渡滞在Daigahana2 中に宿泊していた長手岬から、少し南に立つ台ヶ鼻灯台(写真右上)を紹介する。訪ねたのは初日で、既に紹介した姫埼灯台を訪ねた後、両津港周辺を見学してから佐渡の中心部を通り抜けて西側に出て(地図左上:Mapfanより)、ここ台ヶ鼻灯台に立ち寄った。姫埼灯台までは空腹状態であったが、佐渡の中心部を通り抜けるときに、かなり遅い昼食も摂れ、コンビニも見つけてスナックなDaigahanachizu6 ど入手したため、少しゆとりを持って訪ねられた気がする。

佐渡は、大小二個の豆を右に傾けて、互いに少しずらしたような形をしており、北側が少し大きい。中心部はこの接点の部分に広がる平地である。両津港から西に向かう350号線周辺が中心部と言えると思う。台ヶ鼻灯台は、350号線から相川に向かう45号線に入り、もう少し西に進んだところにある。ちょうど稲刈りの頃で、刈り取り前の黄金色の稲田、そして刈り取られた後の土色とのコントラストに目を奪われながら走った。Daigahana1

台ヶ鼻に続く道は、わかりにくかった。45号線の路肩に止めて、疑わしそうな細い道を徒歩で進むと、小さな畑に突き当たった。こちらに背を向け、一生懸命畑仕事をする老婆の姿があり、道を尋ねるべく声をかけた。

『すいません』・・・ 返事がない。『すいませーん』・・・ 返事がない。『すいませーん

ようやく振り向いてくれた老婆は、ニコニコしながらこちらに足を運んでくれた。台ヶ鼻灯台への行き方を尋ねると、親切に教えてくれただけじゃなく、しばらく曲がった腰で、私を先導するように移動してくれた。『クモの巣が多いから、気をつけて』とも言われたが、確かにクモの巣Daigahana3 はすごかった(写真右中)。道に覆った草木の全てにクモの巣が張っている。長い枝を振り回してクモの巣を絡めながら進んだ。

灯台の周辺は一応整備されている様であるが、人が訪ねた痕跡は少ない。敷地の周囲には塀があるが、それ以上にその外側の草木が邪魔をしている。塀に登ればかろうじて海は見えたが(写真左中)、海を背景にお気に入り写真を撮ることはできなかった。灯Daigahana5 台は、訪ねるまで知らなかったが照射灯も併設(写真右下)されている。照射灯があると、その方向に目を凝らして、どんな岩や場所を照らしているのか、見たくなるのであるが、それは出来そうになかった。

Daigahana4 クモの巣に囲まれた奥にあり、失礼ながら名前から想像した灯台より立派である。しかし考えてみれば、真野湾に続く海域を、南の沢崎灯台とで照らしているのであり、当然のことかも知れない。老婆に案内されてたどり着いた灯台は、夕焼けが始まる前の西日を浴びて少しだけ朱色に輝いていた(写真左下)。

|

« 風が加わり(立馬埼灯台) | トップページ | コスギ鼻灯台(三重県) »

コメント

あけまして おめでとうございます

今年も、たくさんの灯台に出会えますように!

うっとりする灯台が多い佐渡。わたしもおとずれました。お気に入りの灯台は、まだでてきません。待ってます。もし撮っておられなかったら、お知らせしますね。

私の今年の年賀状は、男木島灯台とあまるべ灯台です。

投稿: あかり | 2010年1月 5日 (火) 21時35分

あかりさん。いつもコメントありがとうございます。
あけましておめでとうございます。
そうですか!まだお気に入りの灯台は出てないですか~!
ってことは、やっぱりあそこかな・・・?
あと残りの記事も目を通してみてくださいね。

投稿: ヒデ先生 | 2010年1月 6日 (水) 12時44分

こんばんは 突然のコメントで失礼しますm(__)m
実家の近くの灯台を検索していたら、こちらのページにたどりつきました。
たぶん…実は、こちらに登場している腰の曲がった老婆とは!
私の母かと(笑)

この灯台の近くで畑を作っているのはうちだけなので…よく母は、台ヶ鼻灯台に行きたいという観光客の方を道案内しています。
うちの畑が灯台に行く道に間違えやすいからなのですが、いつも楽しそうに案内した話をしてくれました。目の前に情景が浮かんでとてもうれしくなり、書きこませていただきました。

投稿: はまくまりん | 2012年9月24日 (月) 01時20分

はまくまりんさん。コメントありがとうございました。

そうなんですか!!! お母様でしたか!!
文中にも書かせていただいたように、親切に道を案内していただきました。道をうかがうつもりだけだったのに、迷わず一緒に歩き始められて、案内していただきました。お礼を言うだけしか出来ませんでしたが、佐渡の灯台巡りの中で、とても嬉しく、そして全体の行程をも良い思い出にしていただきました。
どうか、お母様にヨロシクお伝えください。(今思うと、一緒に写真を撮って掲載したかったです)
本当にありがとうございました。

投稿: hide | 2012年9月24日 (月) 07時34分

写真素晴らしいです!じっくり拝見させていただきましたm(__)m
泣きそうになりました(>_<)

台ヶ鼻灯台の直接の姿を見たのは、多分30年ぶりかと思います。台ヶ鼻の写真を眺めていて、昨年亡くなった父と幼い頃、私をモデルに灯台をバックに写真を撮ったことをふと思い出しました。
(あの写真はどこに??)

あの頃は、台ヶ鼻灯台へは、車で行ける道が完全な形で(舗装なしですが)ありました。
灯台守さんが住まわれていた住宅の跡地がすっかり残っていて、灯台の中で遊んだ記憶も…。

岬は国定公園内なのに許可を取らずに、ある業者が買収・開発を行い、結局中断したために中途半端な状態で放置され、現在に至っていると聞いています。
荒れ果てている岬の姿を実家に帰るたび見ると悲しくなりましたが、こうして遠くから訪ねてくれる方がいて、紹介して下さるとこれもまた不思議な温かい気持ちを感じます。

私が灯台好きなのは、多分ここが原点なんですね。

    今度、海から見た台ヶ鼻写真お見せしたいです☆
素敵な写真☆ありがとうございましたm(__)m

投稿: はまくまりん | 2012年9月24日 (月) 21時18分

はまくまりんさん、コメントありがとうございます。
クモの巣に覆われていましたが、車が入れる道がついていました。ただ、入り口はわかりにくかったですね。

佐渡の灯台は、長手岬灯台近くの宿を起点に活動したのですが、どれも私の灯台巡りの中でも素敵な思い出です。
こちらこそ、本当にありがとうございました。

投稿: hide | 2012年9月24日 (月) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風が加わり(立馬埼灯台) | トップページ | コスギ鼻灯台(三重県) »