« コスギ鼻灯台(三重県) | トップページ | 佐渡沢埼灯台(新潟県) »

2010年1月25日 (月)

佐渡城ヶ鼻灯台(新潟県)

Botantoudai既に佐渡を訪れてから4ヶ月が経つ。長手岬灯台弾埼灯台のブログをまとめSadoshirogahana2 ていた頃は、思い出に浸りながらまとめていたのだが、さすがに今は自分の中でも少し色あせ始め、今頃ブログにまとめるのも少し気が引ける。しかし灯台を紹介しているブログとして外すわけにはいかない。今回は、残り少なくなった未紹介の灯台の中から、ある意味悔いが残る訪問となった佐渡城ヶ鼻灯台(写真右上)を紹介する。

シルバーウイークと称された2009年限定とも言える連休を利用して佐渡に渡った。城ヶ鼻灯台は、フェリーが着いた小木港から北東に海岸線に沿って姫埼を目指す途中にある(地図左上:Mapfanより)。既に鴻ノ瀬鼻灯台のブログ記事で紹介したように、昼に小木港Sadoshirogahanachizu5 に着いてから昼食をとれないまま灯台巡りを続け、その途中に城ヶ鼻灯台に立ち寄ったため、空腹の絶頂でもあった。

トンネルに入る手前から灯台の姿は確認できた。ちょうど手前陸側に公園が整備され、そこに車を止め、用を足してから灯台の姿を眺めてみた。夏空と言える様な青空を背景に、埼に立つ灯台は、もっともよく目にする点滅タイプのものである。トンネルの上から海に突き出た埼は、ありふれた景色ではあるが、その先端部に灯台があると言うだけで、私には特別な景色に思えてくる(写真右中)。何枚か写真を撮った後、車に戻っSadoshirogahana1て地図(地図左中;国土地理院より)を見てみた。国土地理院の地図上、徒歩で進める箇所 は点線で道が描かれていることが多いのだが、灯台に続く道は描かれていなかった。

さあー、それから数分間葛藤した。いつもであれば、道など描かれてなくてもこれだけ近い距離であれば、木々の間をすり抜けてでも灯台まで行くはずである。ところが、Sadoshirogahanachizu4 とにかくお腹が空いていた。付け加えるなら、朝食は軽く午前6時に摂っており、その後全く何も口にしていないのだ。・・・・そう結局、空腹に負けて私は、灯台巡りの旅であるにも関わらず、灯台まで行くことを放棄してしまった。

もう一度、望遠レンズで灯台を狙ったのであるが、空腹のため三脚を組むことすら煩わしく感じ、手持ちで撮影した。今となっては空腹に負けて埼に踏み込まなかったことなど後悔ばかりであるが、言い訳として付け加えておきたいが、このときはそうした自分を責める気すらなかった。Sadoshirogahana3

ただ眺めただけの、藍色した海と青空と言う背景に立つ城ヶ鼻灯台。私の中では、違った意味で思い出深い灯台である(写真右下)。

|

« コスギ鼻灯台(三重県) | トップページ | 佐渡沢埼灯台(新潟県) »

コメント

おひさしぶりです。

ありますよね。なぜか、行くのやめよって思うとき。

お天気がいまいちだったり、灯台に会いすぎて、もう胸いっぱいになってたり。。「また、会いに来るね」って、声かけて、あきらめます。

佐渡のとっておきの灯台。「おけさ灯台」 ご存知ですか?

投稿: あかり | 2010年2月 1日 (月) 23時53分

おけさ灯台って、両津港に立ってるのですよね?
なら知ってますよ。ただ、基本的に土の上(堤防や
海上は除きって言う意味で)に立っている灯台を
追っかけているので、ブログでは出てこなかったん
ですね~wobbly
私のお気に入りは、近々紹介する沢埼灯台と
長手岬灯台なんです。

投稿: ヒデ先生 | 2010年2月 2日 (火) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスギ鼻灯台(三重県) | トップページ | 佐渡沢埼灯台(新潟県) »