« 二木島灯台への道(三重県) | トップページ | 嬉しいお知らせ »

2010年3月17日 (水)

二木島灯台(三重県)

Botantoudai前回紹介した『二木島灯台への道』に引き続き、今回は二木島灯台(写真右上)を紹介させていただく。前回書いたように、二木島灯台への思い入れは強いが、それは灯台Nigishima16自体ではなく、二木島という土地に対してかもしれない。幼い頃、私の祖父母は同じ町に暮らしており、年末やお盆に友達が離れた地で暮らす祖父母の元へ里帰りするのがうらやましかった。私にとって二木島は、それに代わる場所だったのかもしれない。

Nigishima9三重県の灯台はそのほとんどが、埼や岬の木々に囲まれて立っている。それ故になだらかな海岸線に立つ灯台や広い岩場に立つ灯台に対して憧れに近い興味を抱いていた。既に紹介した神奈川県の安房埼灯台や千葉県の白浜港灯台、或いは青森県の平館灯台の記事にも同様の事を書いたが、ここ二木島灯台は、そう言った概念から一つ外れた立地条件である。山歩きをしなければたどり着けないと言う意味では、リアス式海岸が多い三重県内には珍しくない。しかしたどり着いた灯台の周囲が開けていると言う所は少なく、更に視界が広がった岩場に立つという意味では数少ない灯台であり、私がお気に入りと感じるのも納得できる。Nigishima20

前回のブログでまとめたように、灯台から海に向かって左手は、組み合わさった岩が平らに広がる千畳敷と称される岩原(写真左上)である。ちょうど、灯台の手前の山道に案内があり(写真右二番目)、ここを真っ直ぐに進むと千畳敷の上方を横切って、楯ヶ埼の手前にある展望台に通じている。勿論千畳敷を歩けば灯台とNigishima7つながっており、事実私は灯台を先に味わった後、その広い岩場を無邪気(この歳で用いるには抵抗があるが・・・)に走り回って写真を撮りながら楯ヶ埼の展望台(写真左中)に向かった。Nigishima6

楯ヶ埼から千畳敷を挟んで灯台を眺めても(写真右三番目)、幼いときにここを訪ねた記憶は蘇ってこない。前回ブログの最後に書いた、『恐怖』という記憶から何かを思い出せそうな気がしたのであるが、結局何も思い出せなかった。二木島灯台の初灯は昭和28年(写真左下)であり、私が幼かった頃、既にこの海域を照らしていたわけであるが、恐怖を感じる楯ヶ埼に夜間来られるはずもなく、夜に船に乗せてもらうはずもない。また立地的にも二木島の町からはその光りは見ることは出来ない。とすれば、楯ヶ埼や千畳敷、そしてNigishima13二木島灯台ではなく、冒頭に書いたごとく二木島という名前その物が、私にノスタルジックな思いを抱かせていた理由なのかもしれない。そうであれば今回の灯台訪問で、それらがリンクされたに違いなく、更に二木島灯台への思い入れは強くなりそうである。

帰りの山道を楽しんで車に戻った後、二木島の町中(写真右下)まで足を延ばしNigishima15た。邪道かも知れないが、記憶にある幾つかの物や景色を見て、消えそうな記憶を少しだけ上書きしてから帰路につくことにした。

|

« 二木島灯台への道(三重県) | トップページ | 嬉しいお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 二木島灯台への道(三重県) | トップページ | 嬉しいお知らせ »