« 門司埼灯台(福岡県) | トップページ | 生地鼻灯台(富山県) »

2010年4月21日 (水)

川尻岬灯台(山口県)

Botantoudai今にも降り出しそうな天気の中、川尻岬灯台を訪ねた。この日の山口県の天気予Kawajirimisaki4報は雨。降られても仕方ない・・・そんな開き直りなのか、それとも私の晴れ男の強みなのか、訪ねている間に雨が降り出すことはなく、訪問を終えて車に乗り込むと同時に雨となった。今回は、そんな思い出のある川尻岬灯台(写真右上)を紹介する。

川尻岬が、地続きと言うことでは本州北西端になる(地図左上)。その知識はあったが、それ以外何も知らずに訪ねた自分は、突き当たりの駐車場が有料であるKawajirimisakichizu6ことに少し驚いた。景観が良いことやキャンプ地となっていることを考慮しても有料に納得できず(と言いつつ支払って車は停めたのであるが・・・)、何か特別な名所があったか?と、すぐに携帯からネットで川尻岬を調べてみた。景観の良さ、キャンプ地、釣り場に加Kawajirimisaki1えて、「玄武岩による磁場の逆転現象」と言う一文が気になったが、それ以上詳しく調べる時間もなく、有料の納得はつかないまま、とにかく岬に向かうことにした。

冒頭にも書いたように雨が近く、徐々に雲の色も濃くなってきているが、それでも眼前に広がる川尻岬の全景(写真右2番目)は確かに見応えがある。岬の東側に沿って道が視認できる。道とは言えない道を、木々をかき分け岬のKawajirimisaki7先端を目指すことが多い灯台巡りの者にとっては、楽な行程であることがわかった。雨が降る前に戻りたいと思い早速歩き始めた。岬中腹くらいで振り返ると、岬の東側に崖岩が続く海岸線は晴天であればもっと迫力があるに違いない(写真左中)。岬の先端部に近づくと道はふた手に分かれる。灯台は基本的にKawajirimisaki8は高い方と考え、左手の坂を登り始めた。途中から階段になっているが、下りでは歩きにくそうな斜面だ。数分で登り切れるが、一気に登ると少しきつい(写真右3番目)。正面に白い姿が見え、登り切った所に灯台が立っていた。

灯台の後方は最近竹林が伐採されて奥が広くなっている。少し小高く、そこから灯台を見ると、海を背景にして私のお気に入りのアングルである(写真右Kawajirimisaki5下)。雨天ではないことに素直に感謝して、しばらく灯台周囲を歩きいろんな角度から見上げた(写真左下)。

灯台にたどり着いたと言う満足感で、せっかく調べた「玄武岩による磁場の逆転現象」をすっかり忘れていた私は、玄武岩がどれなのかも知らないまま引き上げてしまった。ちょうど戻って車に乗ると、大粒の雨が降り始めた。灯Kawajirimisaki3台を訪ねる時のカメラリュックには、コンパスはもちろんのこと、緊急時の備品まで入っている。磁場の逆転現象を、この目で確かめたかったと言う気持ちは大きかったのだが、雨に降られずに灯台を訪問できたことだけでも満足すべきだと自分に言い聞かせ、川尻岬灯台を後にした。

|

« 門司埼灯台(福岡県) | トップページ | 生地鼻灯台(富山県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 門司埼灯台(福岡県) | トップページ | 生地鼻灯台(富山県) »