« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月25日 (火)

角島灯台(山口県)

Botantoudai灯台巡りを重ねるごとに、どうしても訪ねたい灯台は増えるばかりである。今回Tsunosima7紹介する角島灯台(写真右上)もそんな灯台の一つであった。地元の灯台であれば、幾度も訪れる機会が持てるが、遠方の灯台ではそうはいかない。だからこそ、出来る限り良い条件で灯台に出会いたいと願うが、そうはうまくいかない。登れる灯台の一つとして期待して訪ねた福島県の塩屋埼灯台では、強風のため登れなかった。青空を背景に立つ灯台の姿を心に描いて訪ねた沖縄県の残波岬灯台では、暗い雲が背景だった。しかし、強風で登れなかった塩屋埼灯台の思い出は、強烈であり再訪問を心に誓い、残波岬灯台では、平和な今を意識しながら灯台を見上げることができた。更に、石川県の猿山岬灯台では、曇天Tsunosima2であるが故に新緑の香りが漂う空気を感じつつ、灯台を味わった。早い話、灯台の立つ姿に魅せられて巡っている者であれば、どんな条件であっても個々の思い出や感動が生まれてくるのである。今回紹介する角島灯台も、曇が広がり始めた中で訪れたが、結論から言えば、御影石造りの保存灯台としてのその姿、第1等灯台のフレネルレンズ、そしてプラントン最後の設計灯台。これらで私Tsunosima1には十分だった(写真左上)。

下関の中心部から沿岸に沿って北上すると、徐々に日差しが減って雲が重なってきた。少し残念な気持ちを抱きつつ角島につながる橋を渡った(写真右2番目)(地図左2番目)のであるが、遠景で灯台が見えると、そTsunosima8chizuの姿に惹かれ始めた私は、既に曇天のことなど気にしていなかった。駐車場に車を止めると、はやる気持ちを抑えながらカメラリュックを背負って、灯台の立つ公園に進んだ。

正面から見ると、何ともコントラストのある灯塔が美しい。白い灯台では味わえない濃淡のTsunosima5演出にしばらく感動して見上げていた。すぐ横には照射筒が併設されている。沖の方に目を向けると、岩礁が幾つか顔を出している。ゆっくりと公園内を歩いて灯台を見上げた(写真右3番目)。どの角度から見ても、これまで味わってきた灯台とは異なる趣を感じる。灯台後方の建物の屋上に上がると、Tsunosima3灯台を少し高い位置から見ることができる。まったく異なった作りであるが、京都府の経ヶ岬灯台を思いだした。

角島灯台も参観灯台として登れる灯台である。登っていくと、紅色のらせん階段の白い壁に開けられた窓から入る曇天の光が歴史を強調してくれた(写真左3番目)。展望に出ると、夢ヶ埼の景観と共に、沖の岩礁も目に飛び込んでくる(写真右下)。考えてみれば、このとき曇天など全く気にしていなかった。Tsunosima4

灯台裏には、灯台守の宿舎だった場所が資料館として整備されている。改めてプラントンの説明に認識を深めさせていただいた。

Tsunosima6いつもであれば、海を背景に灯台が立つ姿をお気に入りとして撮るのであるが、灯塔の姿に魅了され、そのコントラストに興味を惹かれたからかもしれないが、濃淡をイメージする写真を多く撮っていたような気がする。今回のお気に入りは、その意味でもモノクロとなってしまった(写真左下)。

| | コメント (4)

2010年5月13日 (木)

金子みすゞに満たされて(王子鼻灯台)

Botanomake 金子みすゞとの出会いは、私には必然的としか思えない。これまで誌面やテレビなどでみすゞの詩に触れ、理知的でいて暖かく、その感性の豊かさに心が動きながらもOujisaki3、それ以上追い求めることはしなかった。その後知り合いの女性から、みすゞを紹介されても、まだ目を向けていなかった。そんな金子みすゞをただ知っていたというだけの私が、必然的と感じるのは、あまりにも幾つかの偶然が重なり、金子みすゞの世界をより身近に感じることができたからである。

今回は、山口県長門市の青海島に立つ王子鼻灯台(写真右上)を紹介するつもりであったが、それ以上に感動的な金子みすゞとの出会いを、おまけ話として紹介させていただく。

Oujisakichizu7これまで何度も書いてきたが、私は晴れ男だと確信していた。が、前々回に紹介した川尻岬灯台を巡り終えた頃から雨に降られてしまったのだ。結局、この日予定していた灯台巡りを続ける気になれずに、長門市仙崎(地図左上)で宿を取ることにした。お昼過ぎであったが宿に電話すると、「いつからでもどうぞ」と言う嬉しい返事に甘え、午後2時頃宿に着いた。激しくはないが雨は降り続き、桜の季節に底冷えしている。部屋に備えられたこたつが嬉しく、早速足を突っ込むと、薄暗い春雨を窓ガラスの向こうに見ながら、若い頃に味わった時の流れに似たような時間をしばらく過ごしていた。Oujisaki1

起き上がった拍子に、ふと外を見ると「金子みすゞ記念館ココを入る」と言う電信柱の看板が目にとまった。何かに導かれるように、ふらっと傘をさして宿を出て歩くと、5分くらいで記念館に着いた。そこからは夢の世界である。みすゞの書斎など再現した部屋(写真右2番目))を見た後、記念館に入ると、生い立ちと共に紹介されたOujisaki8詩をゆっくりと読みながら進んだ。2時間くらいしてようやく展示室を後にした自分は、書籍や詩集の前で立ち止まった。完全にみすゞの世界に魅了されてしまっていたのだ。いくつかの詩を繰り返し読みながら、次々と並べられた詩集を手に取っていた。

「もうすぐ閉館ですよ」と言われ、急ぎたいのだが、買って帰ろうと思う一冊が絞りきれない。結局最初に手にした一冊(写真左中)を売店で求めてから記念館を後にした。

はっきり言えば、私は詩に興味を抱いたことがない。いや持てなかった。何か一つを表現Oujisaki4する中にも周囲を見てしまう。演じることの意味よりも演じ方を見てしまう。理解できても感じ入ることが出来ない。そんなつまらない人間だったのかもしれない。自分が金子みすゞを知ったことで、変わったなどとは言わない。だが彼女の感性に私の何かが共感し、引き込まれたことだけは間違いなさそうである。

Oujisaki6王子鼻灯台を対岸から見ると、雲に覆われた空はまだ明るかった。(写真右3番目)見えてはいないが夕焼けがあるんだろうな・・・。さっき読んだばかりの「星とたんぽぽ」の一文が頭に浮かんだ。(写真左下:尾崎眞吾のみすゞギャラリー より)

蛇足になるが、この日宿に泊まったのは私一人。大広間での食事(写真右Oujisaki2下)も、大きな浴室も私一人のために整えられていた。一人には広過ぎる部屋を準備してくれたこと、そしてみすゞに出会わせてくれたこの宿にも思い出は深い。

| | コメント (2)

2010年5月 3日 (月)

生地鼻灯台(富山県)

Botantoudai以前、石川県能登半島の灯台を紹介したいくつかのブログで、能登くらいまでならドライブ感覚で・・・などと書いた。だが実際に灯台巡りをするとなると、日帰りは少しきつい。今Ikujihana5回紹介する富山県は、実際には能登へ行くより近いかもしれないのだが、灯台巡りとなると同様であり、これまで機会が持てなかった。東海北陸自動車道が通じて便利にもなったが、私の住む三重県からでは、北陸自動車道を利用してもあまり時間は変わらない。富山県の灯台は少なく、氷見や魚津など有名な漁Ikujihanachizu1港があり意外であるが、地理的に海岸線はなだらか(地図左上)であり納得できる。今回は、富山湾を東側から見守る生地鼻(いくぢはな)灯台(写真右上)を紹介する。Ikujihana7

富山県の海側を移動していると、どこからでも立山連峰をはじめ遠くに雄大な山の姿が見える。私の住む町も、スケールが違うが鈴鹿山脈が連なって見え、そのためか何故か親近感が湧く。高岡市方面から海岸線に沿って移動して、魚津を超え黒部市に入ったのが、午前9時過ぎで、迷うこともなく生地鼻灯台にたどり着いた。

周辺は平地である上に、高い建物などもなく、灯台の姿はすぐに目に飛び込んできた。白黒のツートンは、私としては随分ご無沙汰で、青森県の大間埼弁天島灯台以来である。灯台の手前に広い駐車スペースがあり、中心部には生地台場(砲台跡)が整えられている(写真右Ikujihana4中)。富山湾の入り口とも言えるこの場所であるが、置いてある大砲は小さく、富山湾の広さから考えると、とても沖合の船には届かないのでは・・・と史跡よりも現実的なことを考えてしまった。

海側は背の高い堤防が整備され、灯台は堤防から少し離れ、道を挟んだ民家の間に立っている。平成4年に自動化されたらしく、その名残か敷地Ikujihana6内に別の建物があり、周囲も整備されていた(写真左中)。門の隙間から中に入り灯台を見上げると、背が高い。水面高こそ違うが、灯塔の高さだけなら、残波岬灯台鹿島灯台に匹敵する高さであり、尻屋埼灯台よりも高い。周辺をいろんな角度から灯台を見上げて回ったが、平地であり、更に高い堤防のため海を背景に写真が撮れない。かろうじて後方から海を入れて写真を撮った(写真左下)。

Ikujihana3堤防に登り灯台を見ると、後方に黒部峡谷を形成する山々が連なって見える。逆光と霞のためにはっきりしないのが残念であるが(写真右下)、富山湾を目指す船上からも同様に見えるはずである。壮大な山々を背景に点灯する生地鼻灯台の姿も、きっと力強く見えるに違いない。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »